特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • ボディカラーはシルバーとブラック。発売はシルバーが2月下旬、ブラックが3月の予定。

  • 今、話題の高級コンパクトデジタルカメラ
    FUJIFILM X100Vが2月から販売開始

  • 新型X100Vの説明を担当してくれたのはXシリーズの商品企画担当 上野隆氏。

    • ホットシューのレールまで削りをいれてトップがフラットになるように仕上げている。

  • 富士フイルムがXシリーズの高級コンパクトデジタルカメラX100Vを2月末から発売する事を発表。X100シリーズの5世代目となるX100Vのポイントはシャープでエッジーなスタイル。

    歴代のX100シリーズの中でも外観にこだわったモデルで、X100Vのキーワードは「オンリーワンデザイン」。
    今回のX100Vではトップカバーの素材をアルミニウムに変更。プレス成型と切削に28もの複数工程を経ることでシャープなエッジを実現している。さらにブラスト処理を施すことで滑らかな表面に仕上げ、アルマイトで着色することで金属本来の質感を実現している。
    背面モニターは待望のチルト式タッチパネル付きTFTカラー液晶を採用。ファインダーはX-Pro3で採用された光学式(OVF)と電子式(EVF)を切り替えられる世界唯一の「アドバンス・ハイブリッドビューファインダー」を搭載しているのも特徴。

  • 光学式と電子式が切り替えができるアドバンス・ハイブリッドビューファインダー。

  • ダイヤルの外周を引き上げるとロックされる機構を採用し使い勝手が向上。

  •  
    センサーは裏面照射型2610万画素「X-Trans™ CMOS 4」を搭載。画像処理エンジンは独自の色再現技術が魅力の「X-Processor 4」との組み合わせにより、人間の記憶に残る鮮やかな色「記憶色」による高画質な写真・動画撮影ができる。

    レンズはAPS最高のセンサーの「X-Trans™ CMOS 4」性能をフルに引き出すため新開発の23mm F2の単焦点レンズ(35mm判換算で35mm相当)を搭載。レンズ構成は6群8枚とスペック上はX100Fと変わらない印象を受けるが、撮影画像をみるとX100Vはセンサーの良さを引き出す解像度に仕上がっているのがよくわかる。
     
    またユーザーからの要望が高かった防塵・防滴構造※を採用。約70箇所のシーリングを施しているのもポイント。レンズ径などはX100Fと同じなのでワイドコンバージョンレンズやテレコンバージョンレンズ、レンズフードなどほぼ全てのX100シリーズのアクセサリーが利用できるのも嬉しい。

    ※X100のレンズは前群で繰り出すタイプなのでアダプターリングAR-X100とプロテクターフィルターPRF-49装着が必要。

    • レンズを新しくすることでX100Vと比べるとかなり解像度がアップしているのがわかる。

    • アダプターリングとプロテクトフィルターを装着でシリーズ初となる防塵・防滴構造を実現。

    • テレコンやワイドコンバーションなどのアクセサリーは従来のX100のものが使用可能。

  • 2月26日に正式発表がアナウンスされたX-T4。

  • X100V発表と同日の2月5日にイギリス ロンドンで行われた富士フイルム主催のイベント「X Summit LONDON 2020」でX-T4を発表することが予告された。発表は2月26日。
    現在、富士フイルムのHPでは26日に向けてカウントダウンが行われている。X-T4がどんなスペックになるのか詳細が気になるところ。

  • 【仕様】
    FUJIFILM X100V

    有効画素数:約2610万画素
    センサー:23.5×15.6mm(APS-Cサイズ)X-Trans COMS4センサー、原色フィルター採用
    記録メディア:SDカード(~2GB)/SDHCカード(~32GB)/SDXCカード(~512GB)UHS-Ⅰに対応
    レンズ:フジノン単焦点レンズ f=23mm(35mm判換算:約35mm相当) F2.0
    サイズ(横×高さ×厚み):約128.0×74.8×53.3mm
    重量:約478g(付属バッテリー、メモリカード含む)
    発売日:シルバー2020年2月下旬、ブラック2020年3月
    価格:オープン(市場推定価格税込16万4500円前後)

    【TEXT SATO TAKESHI】

  • タグ