ニュース NEWS

  • 記事検索

  • sessions

    開放F値固定標準ズームで世界最小・最軽量。重さはなんと254g。

  • 究極の小型軽量と解像度を実現した
    マイクロフォーサーズ用標準ズームレンズ発売

  • 水や埃が浸入しやすいところにはしっかりとシーリングが施されている。

  • 9群12枚のレンズ構成でシャープな写りを実現する。

  • オリンパスはマイクロフォーサーズ用の高性能標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」を2020年3月下旬から発売。35mm判換算で広角24mmから望遠90mmまでをカバー。F値固定の標準ズームレンズとしては世界最小最軽量を実現している。
    注目のサイズは63.4mm(最大径)×70mm(全長)、重さは254gとなっている。また雨や埃の侵入を防ぐシーリングも施されているので、安心してさまざまなシーンで撮影が楽しめる。

  • 【仕様】
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO

    焦点距離:12-45mm(35mm判換算24-90mm)
    最小絞り: F22
    レンズ構成: 9群12枚
    フィルター径:58φ
    絞り羽根:7枚(円形絞り)
    最短撮影距離:0.12m(ワイド)/0.23m(テレ)
    最大径:63.4φ
    全長:70.0mm
    質量:254g
    マウント:マイクロフォーサーズマウント
    価格:8万5000円(税別)
    発売日:2020年3月27日発売予定

     
    【Text SATO TAKESHI】

  • タグ