ニュース NEWS

  • 記事検索

  • sessions

  • 高画質で高音質な動画も楽しめる『LUMIX DC-G100』が8月20日に発売決定
    小型・軽量ボディはビデオグラファー必見!!

  • photo

  • photo

    背面モニターはバリアングルモニターを採用し、モニターを回転するだけで自撮りモードに切り替えができる。

  • パナソニックが高画質で高音質なVlog撮影が楽しめるミラーレス一眼カメラ『LUMIX DC-G100』を8月20日より発売することを発表。

    『LUMIX DC-G100』はマイクロフォーサーズ機で、有効画素数2030万画素のMOSセンサーを搭載したモデル。特に動画撮影を強化しているのが『LUMIX DC-G100』の特徴。4Kの高画質な動画撮影はもちろん、高音質にもこだわり新たに「Audio by Nokia」を採用することで臨場感あふれる音声記録を実現している。

    さらに顔・瞳認証AFに連動して自動で収音範囲を調整する内蔵マイクモードを搭載することで動画撮影時にカメラ任せで高音質の収録ができる。

    また付属レンズ『LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.』を装着しても約412gと、マイクロフォーサーズカメラらしい軽量でコンパクトなところも魅力のひとつ。

  • モードダイヤルで素早く直感的に操作ができる。

  • 3.0型フリーアングルタッチパネルモニターを搭載。

  • 販売はボディと標準ズームレンズ『LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.』がキットになった『DC-G100K』と、ボディと標準ズームレンズ、そしてトライポッドグリップがキットになった『DC-G100V』の2種類。

    トライポッドグリップは、動画記録ボタンや静止画シャッターボタン、スリープボタンを搭載したアクセサリーで、脚を閉じればビデオグラファー必須の自撮りに使えるアイテム。脚を開けばミニ三脚としても使用できるので、動画撮影だけでなくカメラを固定したスチール撮影にも活用できる。

  • トライポッドグリップは自撮り(写真左)やミニ三脚(写真右)として活用できる。

  • DC-G100
    有効画素数:2030万画素
    センサー:4/3型Live MOSセンサー
    記録メディア: SD/SDHC/SDXCメモリーカード
    レンズマウント:マイクロフォーサーズ
    サイズ(横×高さ×厚み):約115.6×82.5×54.2mm
    重量:約303g(本体のみ)
    発売日:2020年8月20日
    価格:オープン
    DC-G100K(市場推定価格 税込11万1100円 前後)
    DC-G100V(市場推定価格 税込11万6600円 前後)
    ※価格は編集部調べ
     
     
    text:SATO TAKESHI

  • タグ