ニュース NEWS

  • 記事検索

  • sessions

  • OM-Dシリーズのエントリーモデル『OM-D E-M10 Mark IV』が登場
    手ブレ補正が強化され、自撮りに対応できるチルト式モニター搭載

  • ボディはブラックとシルバーの2色。

  • シリーズ初の下開きの可動式液晶モニターを搭載。

  • オリンパスが充実の撮影機能を凝縮したミラーレス一眼カメラ『OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV』を2020年9月18日から発売を開始する。

    クラシックデザインが魅力の『OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV』は、従来機種よりもさらに軽量化を実現。標準ズームレンズ『「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ』と組み合わせても、なんと500mlのペットボトルよりも軽い約476g。

    ボディ内5軸手ブレ補正は最大で4.5段分に補正効果が向上している。センサーは2000万画素の4/3型Live MOSセンサーを搭載することでスナップ撮影はもちろんのこと、夜景や望遠撮影などあらゆるシーンで高画質な写真・動画の撮影を楽しむことができる。

    背面の液晶モニターは前モデルと同様にチルト式を採用し、さらに下開きにも対応できるようになったことで、最新モデルでは片手でカメラを持っての自撮りも簡単に楽しめる。

  • 【仕様】
    OLYMPUS OM-D E-M10 Mrak IV

    有効画素数:約2030万画素
    センサー:4/3型Live MOSセンサー
    記録メディア:SD、SDHC(UHS-I/II)、SDXC(UHS-I/II)
    レンズマウント:マイクロフォーサーズマウント
    サイズ(横×高さ×厚み): 121.7×84.6×49mm
    重量:383g(付属バッテリー、メモリカード含む)
    発売日:2020年9月18日
    価格:オープン
    OM-D E-M10 Mark IⅤボディ(市場推定価格税込9万6800円前後)
    OM-D E-M10 Mark IⅤ EZダブルズームキット(市場推定価格税込12万9800円前後)
    ※価格は編集部調べ
     
     
    text:SATO TAKESHI

  • タグ