ニュース NEWS

  • 記事検索

  • ニコンZマウントに大口径レンズ2本が発売決定
    待望の単焦点標準レンズと超広角ズームレンズ!!

  • Zマウントの開放F2.8ズームレンズ広角・標準・望遠が3本揃う。

  • ニコンが大口径超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S』と大口径標準単焦点レンズ『NIKKOR Z 50mm f/1.2 S』を発売する。

    『NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S』は焦点距離全域でF2.8を実現し、開放から画像周辺部まで解像感の高い描写力を発揮する大口径超広角ズームレンズ。Fマウントで発売されている従来製品『AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED』と比較して、高い点像再現性や、ゴースト、フレアを効果的に抑え逆光耐性などが大幅に向上している。また最前面のレンズに両面非球面レンズを採用することで超広角レンズにもかかわらず、平坦に近いレンズ最前面の形状を実現。これにより専用レンズフードを介することでレンズ前面にねじ込み式フィルターが装着可能になった。発売は2020年10月予定。

    もう1本の大口径標準単焦点レンズ『NIKKOR Z 50mm f/1.2 S』は、絞り機構を中心に、前後対称型にレンズ群を配置する理想的なレンズ構成を実現。明るい開放F1.2ならではの解像感と浅い被写界深度を活かした美しいボケ味が楽しめる。ポートレートから立体感のある表現を静止画、動画問わずに楽しめるのが特徴。2020年12月発売予定。