ニュース NEWS

  • 記事検索

  • キヤノン『スピードライトEL-1』発売
    バッテリータイプで快適なストロボ撮影が可能

  • キヤノンがEOSシリーズ用の外部ストロボの新フラッグシップ機『スピードライト EL-1』を2021年2月上旬に発売することを発表。
    今回発売される『スピードライトEL-1』はキヤノン初となるリチウムイオンバッテリーを採用し、発光量の安定化と連続発光性能が向上している。
    ガイドナンバーは従来機の600EX II-RTと同様の最大60を実現。新開発のキセノン管の採用と発光制御の性能向上により、マニュアル発光時に最小1/8192の安定した微小発光を実現。超高感度を使用した星空を背景にしたポートレート撮影など小さいストロボ光を必要とするシーンで活躍が期待できる。

  • スピードライトEL-1
    【仕様】
    ガイドナンバー:約60(照射角200mm設定時、ISO100・m)
    照射角:レンズ焦点距離24-200mm(ワイドパネル使用時14mm)
    発光間隔(充電時間):約0.1~09秒(通常発光)、約0.1~0.8秒(クイック発光)
    発光回数:約335~2345回(フル充電のバッテリーパックLP-EL使用時)
    本体電源:バッテリーパックLP-EL
    サイズ(幅×高さ×奥行き):約84.4×149.0×136.4mm
    重さ:約572g(本体のみ)
    発売日:2021年2月上旬
    価格:12万8000円
     
     
    text:SATO TAKESHI

  • タグ