特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • PASHA STYLE合宿24日 セミナー内容発表!!
    Kayさんとooxo編集長の撮り放題合宿2日目!









いよいよPASHA STYLE合宿 in ソラナスタジオも来週週明け(11月23、24日)に迫ってきました。

申し込みの締め切りは19日(木)いっぱいです。


迷っている暇はありませんよ!

初日(23日)だけ、2日目(24日)だけの参加も可能!!


今回は24日のセミナー内容を発表します!

2日目は静岡県富士宮市にある結婚式場、ベルヴィコラボさんでの開催です。こちらも初日のソラナスタジオに負けず劣らず、撮りたいところだらけの豪華な会場となっています。


 


 


この日もまずはooxo編集長の自然光+ストロボのセミナーからスタート。テーマは

「自然光にストロボを足していつでもどこでもドラマチックな作品を創るセミナー」

(オールドレンズの貸し出しあり)


 

自然光にストロボを足して、こんなイメージの作品を撮ります。(Photo by ooxo

※作例はイメージです。モデルは別の方になります。


初日は自然光のみの撮影も行いますが、この日は自然光にプラスアルファの光を足すところから。ソラナスタジオは午後の時間帯に窓辺や森で撮るシチュエーションですが、ベルヴィコラボさんでは午前10時からスタート。朝の光が入るチャペルや開けた屋外など、様々なシチュエーションでセミナーを行います。


ひと言で自然光といっても、時間や場所によってどのように光を使い分けるのか、どのような機材を使うのか、前日との違いも見どころです! とはいえ、もちろんこの日だけ参加の方にも分かりやすいように説明します。


 

自然光にプラスアルファして、ドラマチックな作品を目指しましょう!(Photo by ooxo)

※作例はイメージです。モデルは別の方になります。


前日と同様に、ooxo編集長所有のオールドレンズの貸し出しも。オールドレンズとストロボの両方を試せる機会はなかなかありません!




昼食を挟んで13時からはKayさんによる日中シンクロセミナーが始まります。タイトルは

「ストロボのマエストロが教える! お耽美流日中シンクロ!!」


ストロボといえばKayさん、Kayさんといえばストロボというくらいストロボを自在に操るKayさんから日中シンクロの極意を学びます。日中シンクロって難しいイメージがありませんか? 「聞いたことはあるけれど、実際にやってみたことがない」、「どういったシーンで使えばいいのか分からない」というお悩みを持っている方もいるのではないしょうか? ちょっとハードルの高い技術を、徹底的に解説してもらい、耽美な作品をめいっぱい撮りましょう!


Kayさんは「とにかくたくさん撮って帰ってもらう」をモットーに合宿に参加してくれているので、この日も記録媒体が足りなくならないよう、多めにカードを持参してくださいね。


 

ストロボのマエストロからストロボの極意を学んで、こんな作品を撮ります。(Photo by Kay)

※作例はイメージです。モデルは別の方になります。


もちろん2日目もセコニックの露出計、ニッシンジャパンのストロボが使えます。
「露出計って何? いつ使うの?」、「ストロボってどこに置くのが効果的?」、「なぜその機材なの?」そんな疑問をすべて解決します!


 

耽美な作品をカードいっぱいに撮っていただきます!(Photo by ooxo)

※作例はイメージです。モデルは別の方になります。


各セミナーの前後にはセミナーモデルを撮影できるフォトセッションの時間を設けてあります。
フォトセッション中はooxo編集長とKayさんが滞在するので、ライティングのやり方などアドバイスを貰うことも可能です。


すべてのセミナーが終了した15時からはQ&Aの時間を設けます。
セミナー内で疑問に思ったこと、機材のことなど、Kayさんとooxo編集長を質問攻めにしちゃいましょう!


お申し込みはこちらから!

受け付けは19日(木)23:59までです!


23日のセミナー内容詳細はこちら

合宿参加のモデルさんはこちら



☆PASHA STYLE合宿 11月24日(火) スケジュール
10:00~12:00
「自然光にストロボを足していつでもどこでもドラマチックな作品を創るセミナー」
by ooxo
11:00〜12:00 フォトセッション3
12:00~13:00 昼食
13:00~15:00 フォトセッション4
「ストロボのマエストロが教える! お耽美流日中シンクロ!!」
by Kay
15:00~ Q&A
16:00頃 ベルヴィコラボ(富士宮市)にて解散


※内容は天候等によって変更になる場合があります。





TEXT:AKANE KOFUJI