ニュース NEWS

  • 記事検索

  • sessions

    左がプラティポッド マックスで大型の一眼レフも安心して使える。右はコンパクト向けのプラティポッド ウルトラ

  • 【新製品】プラティポッド
    米国生まれの小さくてタフなヤツ登場

  • photo

    普通の三脚よりもローアングルで狙えるのが嬉しい

  • photo

    プラティポッド マックスは厚み5mm、横13.1cm、縦19.3cm。重量390g

  •  アメリカのニュージャージー州にオフィスを構えるプラティポッド プロ社が世界にも類がない小さな三脚を生み出した。小さな見た目からは想像もできないほどタフ。登山などの荷物を減らしたい時に最適です。
     写真左の「プラティポッドマックス」は航空機の素材としても使われている5mm厚のアルミとチタンを採用することで大型一眼レフや大口径レンズも余裕の耐荷重は驚愕の135キロ。

  • Image5

    マックス、ウルトラともに同梱されているのがヘビーデューティースパイク。普通の三脚だと石突にあたるところ。ゴムが付いているほうを使えば接地面の傷付け防止にもなる。    1900円で単品購入も可能(4本セット)

  •  
     
     プラティポッドマックス、ウルトラを更に使いやすくするアクセサリーキットも用意している。照明用に使える約7.5cmのスピゴットアダプター、接地面の傷防止に役立つシリコンパッド、柱や手すり等に固定するときに使う約90cmストラップ、3/8-16インチネジを1/4-20インチに変換するアダプターにアクセサリー類や本体を収納できるマイクロファイバーポーチのセット。

  • Image6

    マックスとウルトラをより便利するマルチアクセサリーキット

  • Image7

    プラティポッド ウルトラは厚み4.3mm、横8.4cm、縦12.7cm。重量96g

  •  コンパクトカメラやミレーレス一眼ならスマートフォンサイズのプラティポッド ウルトラが最適。バックの中に特に収納スペースを作らなくても良いぐらいコンパクトなのが嬉しい。
     実は耐荷重は約45キロなので、大型一眼レフも大口径レンズの使用にも耐えられるタフなアイテム。