ニュース NEWS

  • 記事検索

  • SIGMA fpの高画素モデル「SIGMA fp L」登場
    約6100万画素がfpの可能性を広げる

  • photo

  • 2019年にデビューしたSIGMA fpは、35mm フルサイズのセンサーを搭載していながらも、とてもコンパクトで動画も静止画もシームレスで使える全くあたらしいコンセプトを持って生まれた。

    そのSIGMA fpに高画素モデル「SIGMA fp L」が発売される。センサーは有効約6100万画素のフルフレーム・ベイヤーセンサーと搭載し、シグマ史上最高画質のカメラとなる。サイズとデザインはSIGMA fpとほぼ同じで、ひっそりと黒文字でLと刻印されている。fpからの変更点は背面ダイヤルとMIC端子カバー、MODEボタン。どのパーツも見た目はほぼ同じで、ダイヤルやボタンの重さや高さの変更や端子が不用意に開きにくくするなどユーザーからの声をフィードバックした形となっている。
    またコントラスト検出と位相差検出によるハイブリッドAF、 カメラ起動中のUSB給電機能を新たに搭載し、より使いやすいカメラに仕上げている。

  • SIGMA fp Lの発売と同時にSIGMA fpユーザー待望の外付け電子ビューファインダーEVF-11が発売される。0.5型、 約368万ドットの有機ELパネルを使用した高解像・高輝度なファインダーで撮影をより楽しむことができる。SIGMA fpはスペースの問題で音声のモニタリングができなかったのだが、電子ビューファインダーにはφ3.5mmステレオミニジャックを搭載しているのでリアルタイムで音声を確認できる。発売時はSIGMA fp L
    のみに対応となるが次のファームウエアのアップデートでSIGMA fpにも装着できるようになる予定。
     
     
    電子ビューファインダーEVF-11
    【仕様】
    パネル:0.5型有機ELパネル 約368万ドット(視野率約100%)
    倍率:0.83倍(50mmレンズ、無限遠、視度-1dpt時)
    アイポイント:約21mm(接眼レンズ最後尾から)
    視度調整:-4.0~+3.0(dpt)
    角度調整:0~90度
    USB:USB Type-C×2 入力および出力(ポータブルSSD専用)
    映像入力端子:専用端子を使用
    EVF検出端子:専用端子を使用
    ヘッドホン出力:φ3.5mmステレオミニジャック
    外形寸法:44.6×91.7×56.1mm(アイカップEC-31装着時)
    質量:114g(アイカップEC-31装着)
    付属品:アイカップEC-31、大型アイカップEC-41、セミハードケースVC-07A
    価格:8万2500円(税込)
    発売日:2021年4月16日

  • SIGMA fp L
    【仕様】
    有効画素数(総画素数):約6100万画素(約6240万画素)
    センサー:35mmフルサイズ(36.0mm×24.0mm)裏面照射型CMOSセンサー
    記録メディア:SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード(UHS-II対応)/ポータブルSSD(USB3.0接続、バスパワー対応)
    レンズマウント:Lマウント
    サイズ(横×高さ×厚み):112.6×69.9×45.3mm
    重量:427g(付属バッテリー、SDカード含む)
    発売日:2021年4月16日
    価格:オープン(店頭予想価格はボディ単体税込27万円前後)
     
     

    発売前にSIGMA fp Lが触れる「新製品貸出し体験会2021 Spring」を4月3日(土)に東京、4月10日(土)に名古屋で開催。大阪、福岡、札幌でも順次開催予定

    詳しくはこちらをチェック
    https://www.sigma-global.com/jp/news/2021/03/25/14410/

    Text:SATO TAKESHI

  • タグ