ニュース NEWS

  • 記事検索

  • コバヤシモトユキ個展、開催中!
    Eclipse 2041 / 20年後のポートレート


 

写真家コバヤシモトユキ写真展が開催中である。

新宿東口からすぐの新宿北村写真機店6階にて4月15日までの会期となる。

写真もさることながら、そのストーリーの組み立てがとても独特で面白い。

行き過ぎない、だから何となく創造できる近未来がその根幹となり

その中で、確かにこんなコトしているかもと想像させるポートレートを展開。

かといって見せられるまでは誰がこれをイメージできただろうか!?

そんなコバヤシモトユキの写真とイマジネーションの才能を見せつけられるそんな展示だ。

ポートレートをたしなむ人には、ぜひ見てもらいたい写真展だ。




この展覧会の中、あなたは2041年にいます。
それは、記憶を買う時代です。

20年後、“モノを買う時代” から “経験を買う時代”になり、“記憶を買う”時代になっています。

紫外線が今より強く、ウィルス防御にもなる為に人は透明な変形するゴーグルグラスを付けて生活しています。
強い日差しによる皮膚病予防のサプリは球体で、身体中いたるところに貼り付けて生活したりしています。

そんな未来を想像し撮影をしました。

20年後、日蝕の日、僕はタイムリープしてきたモデルさんから過去の記憶を買います。
それはリアルで甘美な記憶なのでした。
カメラ屋さんとの幼い頃からのロマンス
果てしない海の匂い。
海鳥の鳴き声。
打ち寄せる波、砂丘の上、春の日差し。
この記憶は本当にあった記憶なのでしょうか?
近未来に存在した”記憶の写真” のイメージです。

この展示の中ではご自身の大切な記憶を考えて下さい。
僕の作品が貴方の記憶の扉を開ける切っ掛けになってくれたら嬉しいです。
人はなぜ写真を撮り続けるのでしょうか?
それはより良い記憶で人生を肯定したいからなのかもしれませんね。

作品は全て購入出来ます。
small 280mmx210mm、39,600円
medium 300mmx210mm  49,500円
large 880mmx640mm  176,000円
ご購入は隣のライカコーナーまで。

著:コバヤシモトユキ


・展示タイトル/作家名

Eclipse 2041  / 20年後のポートレート

コバヤシモトユキ ft.まみこ


・開催期間(会期)

3/30 (Tue.) ‒ 4/15 (thu.)

・開催時間

3/30 (Tue.) ‒ 4/15 (thu.)10 : 00 - 20 : 00 (入場無料)


・所在地(住所)

会場 : 新宿北村写真機店6階

〒160-0002 東京都新宿区新宿3丁目26-1    6階

・休館(曜日、特定の休日など)なし

・入場料なし





写真家/映画監督
コバヤシモトユキ
作品は購入することもできます。

プロフィール 
コバヤシモトユキ  
写真家/映画監督   青春フォトグラファー
1992年 湾岸戦争の帰還兵のドキュメント ROPPONGI DAYSにて
PARCO Promising Photographersに選出。 2004年 写真集 青春トーキョースクールガール 出版。
以降7冊の関連写真集を刊行。 同作品にて、NYのエージェンシーART+COMMERCEより、 PEEK2007世界の13人の写真家に選出される。 2014年 映画 東京シャッターガール 監督 (ハンブルグ国際映画祭招待作品) 写真作家活動と平行し、ファッション、カタログ、雑誌等でも活動する。
主なクライアントにTOYOTA 帝国ホテル,4℃など。 朝日広告賞、読売新聞奨励賞、毎日広告デザイン賞など受賞多数。 2020年には、ポートレート雑誌 カメラホリックフレアを責任編集するなど
様々な分野で活動中の写真家。  
HP:motoyukikobayashi.com
https://www.kitamuracamera.jp/ja/event/eclipse2041
https://news.yahoo.co.jp/articles/ec38bedf91bcdaf6a9e5068c5319bf619c24a427