特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • sessions

  • 話題の「DJI Air 2S」でぶっつけ作品撮り!?
    ドローン初心者編集長による無謀なチャレンジ

  • photo

    操作がしどろもどろの編集長だが本当に大丈夫なのか!?

  • photo

    携帯はiPhone12 pro maxだが、ケース付きでもギリギリセット出来た。

  • 最近巷で人気が高いドローン。
    その中でもDJIの製品は、ドローン初心者の私(編集長)でもよく耳にするワード。

    PASHA STYLE webでも「OSMO POCKET」や「OSMO ACTION」などを記事に取り上げたり
    ドローンでも「MAVIC MINI」を記事にしていたりとなじみも深いのだ!

    とはいえ、ドローンとポートレートは中々結びつかず
    まわりのフォトグラファーでも率先してドローンを導入している人は数える程度。
    「あまり関係ないかな……」と考えていた。

  • 今回は使わなかったが、5.4Kという超高解像度動画には興味津々。

  • 沢山のセンサーがついてるので初心者の編集長でも安心のフライングが可能。

  • しかし、今回の「DJI Air 2S」は、スペックを見ている時点でとてもそそられ
    ずっとウズウズしていたのだが、買って試すにはお高いし、そもそもドローンをほとんど操作したこと無い私が買った所で宝の持ち腐れでは無いだろうかと迷っていたわけ。

    そんな時にDJIからPASHA STYLEへのメールを発見! テスト機を貸し出してくれるとのこと!
    そりゃもう借りるしか無いでしょ!って事で、大急ぎで申請書を出してお借りしました。

    借りれる期間もそんなに長く無いので、撮影タイミングは1回程度……。
    そして練習するにも、ドローンを気軽に飛ばせるようなところが身近に無いのでこれまたぶっつけ本番かw
    編集部内にて飛ばそうとしたが、狭すぎてどうにもならなかったので、こりゃもう一か八かでやるっきゃ無い!

    編集部から何着か衣装を持って、いざロケ場所へレッツゴーっす!

  • 足場の悪いところでも普段は絶対撮れないようなアングルから狙える。

  • さて、ドローン&動画初心者PASHA STYLE編集長の動画をご覧下さい!

  • 現場について色々考えた結果。
    今回の作品のテーマは「木耳姫」にしましたw

    森で平和に過ごす木耳姫だが、その生い茂る木々が川の増水によって流され
    住処が一瞬で壊されていく、その状況を嘆いている。
    そんなストーリーで、モデルさんの服、ポーズ、動きからイメージを作ってみました。

    と、内容はそんな感じではあるが、実際映像が撮れるかどうかは「DJI Air 2S」次第である。
    まぁ、結果から言うと私的には満足である! いやもう思った以上によく撮れたかとw
    正直私は最近のボタンが沢山あるゲーム機などがとにかく苦手でして、そんな私がこんなボタンだらけのコントローラーで何が出来るのかと不安でいっぱいだった。しかも目が悪いので上空に上がったドローンをどこまで目で追えるのかも全く分からず。
    とにかく現場について、5〜10分ほど操作とボタンを確認しつつ本番に挑んだわけです。

  • しかし、予想とは裏腹にこの「DJI Air 2S」が操作しやすくてビックリ! スムーズな加速、程よい速度、強弱付けやすいコントローラー。
    え!? オレ凄くない!? って勘違いしてしまうほど扱いやすいのです。
    そして前方、後方、上部、下部に取り付けられたセンサー類がしっかりとサポートしてくれるので障害物も怖くない! なにやら、4つのセンサーによって空間を認識し、アルゴリズムが進化した高度操縦支援システム (APAS 4.0) によって、複雑な環境や高速での飛行時などでも障害物を能動的に回避してくれるとか!
    横方向に対して、センサーがついていないせいなのか一度枝に接触。ヒヤッとしたのはその一度くらい。

    難しいと感じたのは移動しながらや上下しながらのカメラのアングルの調整。
    これがスムーズかつ自然に出来るようになればさらに素敵な映像が撮れそう。と思ったら、今回は余裕がなく使えてないのだが「マスターショット」や「アクティブトラック4.0」なんて超便利な機能があったのでしたw やはり事前の予習は必要だね(反省)
    しかし、それ使わずに初心者でこれだけ動かせるのですから、もうこれは私が凄いというより「DJI Air 2S」がどれだけ凄いかってことがわかってもらえますよね!?

  • スペック上で魅力に感じた「1インチCMOS」による静止画20MPと動画5.4Kは残念ながら今回は試す時間が無かったが、それの前にコントローラーを持ってドローンを飛ばした瞬間にその楽しさと可能性を感じさせてもらいドキドキ&ワクワクが止まらなかった。
    これだけ手軽にそして高画質に作品が残せるなんて、ほんと進化って凄いし2021年まで生きてて良かった!笑っ と感じさせられるドローンでした!
    また使う機会があれば、今度は高解像度の動画や静止画を試したいね。
    というか、これだけの性能で12〜13万円程度で手に入るなら、正直明日買っても良いのではと……今お財布とにらめっこしているところでしたw
     
    動画の感想はtwitterなどで、いつでもお待ちしています(*^_^*)
    ※安全が確保された、人の居ない環境下での撮影です。
    https://twitter.com/ooxo_web

  • タグ