特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 合同写真展「Legacy2021&iMAGINE」閉幕
    2つのカルチャーが交わり未来へとつながる


合同写真展「iMAGINE」無事閉幕。

去る2021年7月10日〜11日、PASHA STYLEとしては初めての会場「シアター1010」にて行われた、これまた初めての他イベンターとの合同写真展「iMAGINE」が無事終了いたしました。不安定な空模様の2日間。そして未だ収束せぬ感染症蔓延の状況とのせめぎあいの中での開催にも関わらず、約1,000人ものお客様にお越しいただいたことに感激するばかりでした。43名+HASEO、ooxoの作品が居並ぶ会場は圧巻の一言。特に今回のシアター1010は天井高が5mもある開放感のある会場。標準的なギャラリーとは異なる展示スペースを最大限に活用しようという意欲作も見受けられ、ひとつの展示にかけるクリエータの熱意を改めて感じました。同時開催の「Legacy2021」のコスプレにかける熱も相まって大いに盛り上がった展示となったのではないでしょうか。2つの異なるカルチャーのクリエーターとビジターが混ざり合い、新しいうねりを起こしそうなそんな未来を期待せずにはいられません。今回の展示開催にお声がけいただいたコスナビ様、本当にありがとうございました!



熱気あふれるiMAGINE会場内の様子。



お隣の共同開催写真展Legacyも盛り上がってます。写真以外にも衣装やロボまで!



協賛いただいたH&Yフィルタージャパンのブース。すごい人気で人が絶えることがなかった。



共同主催のPASHA STYLE編集長ooxo(左)と株式会社コスナビの出口氏(右)。多くの収穫を確信して2日間の写真展が幕を閉じた。



TEXT:Kimihiro Kawano