ニュース NEWS

  • 記事検索

  • タムロンがソニーEマウントユーザー注目のレンズを発表
    標準とポートレートに最適なズームレンズ2本



2021年8月5日、株式会社タムロンがフルサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニーEマウント用大口径標準ズームレンズ「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2(Model A063)」(以下 Model A063)と、広角端開放F値F2を達成し、準広角から望遠までシームレスに撮影可能な大口径ズーム「35-150mm F/2-2.8 Di III VXD (Model A058)」の開発を発表した。


28-75mm F/2.8 Di III VXD G2(Model A063)


現在も市場で高い評価を得ている「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)(以下Model A036)」の後継モデルとして、コンパクトで使いやすいModel A036のサイズ感を維持しながら、ゼロから設計を見直し光学系を刷新することで、さらに優れた描写性能を獲得している。
高画素化が進む最新のデジタルカメラに対応する性能を備えており、AF駆動にはリニアモーターフォーカス機構VXD(Voice-coil eXtreme-torque Drive)を新たに採用し、AFの高速化と高精度化の向上を達成。広角端では最短撮影距離0.18m、最大撮影倍率1:2.7 を実現し、近接撮影能力も進化している。さらに、新デザインを採用し、操作性や質感も向上している。
Model A063は、「コンパクトな大口径標準ズーム」のジャンルを切り開いたタムロンが提案する「第2世代」にふさわしい新たな常用レンズとなるだろう。


発売日:2021年内予定
価格:未定

今後の新型コロナウイルス感染症の影響により、発売時期見直しや供給が遅れる可能性あり。
 
 
 

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)


フルサイズミラーレス一眼カメラ対応ソニー Eマウント用ズームレンズとして、世界で初めて※ 開放F値F2を広角端で達成した準広角35mmから望遠150mmのポートレートズームレンズだ。

※フルサイズミラーレス用ソニー Eマウントズームレンズにおいて。(2021年7月現在。タムロン調べ) 

35mmで周囲の景色を含めた全身の人物撮影から、150mmでは表情や視線を重視したバストアップの撮影まで、中望遠の85mmを中心にポートレート撮影で最適とされる焦点距離を、レンズ交換することなく幅広くカバーできる。またリニアモーターフォーカス機構VXD(Voice-coil eXtreme-torque Drive)採用により、大口径ながら高速・高精度なAFを実現。大幅な大口径化と高画質、そして快適なAF操作を両立したモデル。さらに新デザインを採用し、操作性や質感も向上している。
準広角から、標準、中望遠、望遠と、使用頻度の高い画角を1本に内包した本レンズは、特にリズム感が大切なポートレート撮影では、レンズ交換なくシームレスな撮影を可能とし、モデルの一瞬の表情も逃さない素晴らしい作品作りをサポートしてくれるだろう。


発売日:2021年内予定
価格:未定

今後の新型コロナウイルス感染症の影響により、発売時期見直しや供給が遅れる可能性あり。

 
 
 

また両レンズは、新たに独自開発された専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」を使用できる。

レンズに搭載したパソコン通信用「コネクターポート」とパソコンを「TAMRON Connection Cable」(別売)で接続し、専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」を使うことで、各種機能のカスタマイズや最新のファームウェアのアップデートを行うことが可能となっている。静止画、動画など各種撮影スタイルに応じて、機能をカスタマイズすることで、より充実した撮影が実現可能となる。


この素晴らしいレンズ2本は、共に2021年内発売予定となっており、タムロンからの今後の情報公開が待ち遠しい。

 
 

text:キナミ