特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 【写真展】闇の王展2021、閉会
    ご来場いただいた皆様に感謝いたします



闇の王展2021
52名の闇を飲み込んで閉会


昨年に引き続きコロナ禍の横浜白楽館での開催となった「闇の王展2021」。闇の王主宰枠HASEO、ooxo、Kayをはじめ、一般枠であるクリエーター49名を加えた52の闇のストーリーが表現された展示が8月29日に終了した。暑く時間も限られた中で来場していただいたお客様、ゲストの方々も約400名になり、例年通りとはいかないまでも多くの方々に楽しんでいただけたことと思う。出展者それぞれに表現したい、浄化したい闇があり、それは時に恐ろしく、儚く写真というフレームの中に定着され、観る者の心に侵入していったことだろう。結局あの時は闇だったのか。一寸先は闇なのか。来年も闇の中なのか。それは自身の中での捉え方向き合い方次第。来年も何処かで闇の王の降臨が観れるだろう。





多くのPASHA STYLEポートレートナビゲーター(HASEO、高井哲朗、舞山秀一、Thom Yoshida、ooxo)やプロフォトグラファー(藪崎次郎、コバヤシモトユキ、清田大介)も来場。協賛いただいたKANIフィルターのブースも盛況だった。


text:Kimihiro Kawano