ニュース NEWS

  • 記事検索

  • sessions

    一眼レフカメラに負けない本格的な撮影が楽しめるニコンクールピクスP1000

  • 【新製品】さらに進化「COOLPIX P1000」
    3000mm相当の超望遠ズームを搭載

  • photo

    3000mm相当の超望遠が魅力的

  • photo

    3.2型TFT液晶モニターを採用、使わない時は裏返しにもできる

  •  ニコンのクールピクスシリーズに望遠機能を追及した P1000 が9月14日から販売開始。
     光学125倍の超望遠ズームを搭載しているのがP1000の特長。35mm判で換算すると3000mm相当にあたる。ニコンのHPを見るとコンパクトデジタルカメラのカテゴリーで紹介されている。
     
     レンズ交換できないデジカメなので、カテゴリー的にはコンパクト扱いとなるが性能的には一眼レフと同じ高画質で本格的な撮影が期待できる。
     35mm換算で24~3000mmの焦点距離をカバーしているので、この一台があれば撮影できないものはないと言っても過言でない。

  • Image4

    別売りのリモコンML-L7を使えばズーム操作や静止画の撮影、動画の開始、停止ができる。4500円(税別)

  • Image5

    肉眼と同じ倍率の視野で確認できて、超望遠撮影の時に役立つドットサイトDF-M1も同時発売。2万円(税別)

  •  超望遠ズームが活躍しそうなシーンと言えば天体写真や野鳥の撮影。実際に撮影するとピントあわせやカメラの設定が難しい。そんな悩みも解消できるようにP1000ではデフォルトで月モードと鳥モードを撮影モードダイヤルに設置している。
     シャッター速度と絞りはカメラが自動制御。手ブレ補正機能も搭載しているので、手持ちでもブレを軽減してシャープな撮影ができるのがポイント。
     さらに超望遠撮影に便利なアイテムも別売りアクセサリーとして用意しているのもポイント。天体撮影ファンにはカメラをワイヤレスでコントロールできるリモコンML-L7、鳥撮影にはドットサイトDF-M1が便利に使えそう。

  • Image6

    ボディにドットサイトを装着するとこのようになる。超望遠撮影には欲しいアイテムだ。

  • Image7

    バリアングル方式を採用しているので、モニターの位置を自由に変更可能

  •  背面のモニターは3.2型TFT液晶モニターを搭載。広視野角なので斜めからでも鮮明な画像を確認する事ができる。
     モニター角度を自由に調整できるバリアングルタイプなので、ローアングルの撮影やハイアングルの撮影で、より撮影の自由度があがること間違いなし。

  • 【仕様】
    COOLPIX P1000

    有効画素数:1605万画素
    センサー:1/2.3型原色CMOS
    記録メディア:SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/
           SDXCメモリーカード
    記録形式:静止画JPG、RAW(NRW)
         動画MP4(映像:H.264/MPEG-4 AVC、音声:AACステレオ)
    焦点距離:4.3~539mm(35mm判換算24-3000mm相当)
    開放F値:F2.8-8.0
    レンズ構成:12群17枚(EDレンズ5枚、スーパーEDレンズ1枚)
    サイズ(横×高さ×厚み):約146.3×118.8×181.3mm(突起部除く)
    重量:約1415g(付属バッテリー、メモリカード含む)
    発売日:2018年9月14日
    価格:オープン価格 
     
    【Text SATO TAKESHI】

  • タグ