特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • sessions

    OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

  • 【連載-8】アイドル・フォト・セッション
    Ange☆Reve 吉橋亜理砂

  • photo

    OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II / LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH. POWER O.I.S.

  • photo

    OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

  • ライブイベントでははじけるような存在感を示してくれるアイドルたち。そんな彼女たちが見せる普段着の姿に迫るフォト・セッション連載。
    第8回はAnge☆Reveの吉橋亜理砂

  • Image4

    OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

  • Image5

    OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

  • ARISA'TALK
    AKB48さんが大好きで、アイドルを目指しました。Ange☆Reveは結成して4年になりますが、私は2年前から参加しています。Ange☆Reveの活動で一番印象に残っているのは、去年赤坂BRIZでやったワンマンライブですね。あの規模の場所でワンマンができてうれしかったし、もっと上を目指そうという気持ちになりました。

    私は、ステージではMCやアオリを担当することが多いんです。Ange☆Reveには元々そういうことを担当する人がいたんですけれど、卒業されたので私がやることになりました。それが私のAnge☆Reveにいる意味かなと思っています。というか、自分の強みを見いだせたかなと思いますね。

  • Image6

    OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II / LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH. POWER O.I.S.

  • Image7

    OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II / LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH. POWER O.I.S.

  • 今日のような撮影はあまりしたことがなかったんですけれど、私自身は写真が好きで、一眼レフも持っています。インスタ映えスポットに行くのが好きなんですよ。あ、今年の5月に沖縄に行ったときはメンバーの写真をいっぱい撮りましたよ。人ばかり撮っていると自分の写真が少なくなっちゃうのが悩みですね(笑)。

    吉橋亜里砂インスタグラム
    https://www.instagram.com/arisa_yoshihashi/

    写真だと撮っていただく表情は1カットに1つじゃないですか。そのいい瞬間を撮っていただくのはとても嬉しいです。でも、私は表情が武器なので、パフォーマンスでクルクル変わる表情を見に来てほしいです!

  • Ange☆Reve
    『Ange☆Reveアンジュ レーヴ』は愛乙女☆DOLLラブリードール、Doll☆Elementsに続くメジャーデビューを目指す“第3のDOLLオーディション”で結成し、2014年4月6日、日本青年館にてお披露目したフレッシュな新グループ。
    Ange=天使、Reve=夢というグループ名で“天使のようなアイドル”を目指し、夢に向かって活動中☆(公式HPより)

    吉橋亜理砂
    Twitterアカウント
    https://mobile.twitter.com/yoshihashipanda?lang=ja

  • HATAKE’S TALK
    Ange☆Reve(アンジュ レーヴ)のライブに行ったとき、先に撮影した佐々木璃花さんに注目しながらパフォーマンスを見ていたが、他にどうしても目を引き付けられてしまう存在がいた。それがアリエルこと吉橋亜理砂さんだった。本人も言うように、ステージの上から豊かな表情をファンに向かって振りまいている。早速撮影のオファーをした。

    渋谷の街での撮影は曇天というコンデション。歩道橋の上とタワーレコード前のショットは定番のポートレートレンズだ。マイクロフォーサーズはオリンパスとパナソニックの相互乗り入れが可能なので、オリンパスのボディーにパナソニックのレンズの組み合わせでよく撮影する。特にF1.7の小さなレンズと、エントリー機ながら十分な性能のE-M10 MarkIIのセッティングは一番のお気に入り。また、やや大きい(といっても一眼レフに比すれば十分に小ぶりだが)E-M1 MarkIIには、PROレンズの標準ズーム。これさえあれば何でも撮れる、という気にさせてくれる組み合わせだ。ガード下のカットはE-M1 MarkIIに同梱されている小型のストロボを発光させて、固い表情を狙ったが、アリエルは笑顔を絶やさないのであった。

    HATAKE
    Jazzy Photo Life
    取材・文・写真=高畠保春