ニュース NEWS

  • 記事検索

  • sessions

  • 【写真展】「新山清・クラシックス」
    主観主義写真の作品を数多く残した写真家

  • Image2

  • Image3

  • 「写真を飾る楽しみ」を提案する写真のセレクトショップzakura。10月9日から新山清特集展示「新山清・クラシックス」を開催する。
     新山清は戦前から前後にかけて活躍したフォトグラファーで、サブジェクティブフォトグラフィー(主観主義写真)と呼ばれる作品を数多く残し、国内はもちろんのこと海外でも評価が高い。
     植田正治、濱谷浩など多くの写真家と交流を持ち、ペンタックス・サービスセンター所長、そしてアマチュア写真家の指導者として尽力していましたが1969年に57歳で急逝したアマチュア精神を貫き写真表現を追求した写真家。

  •  今回の展示では新山清が戦後手に入れた英国製一眼レフ「ソルントン」で主に撮影された写真を展示予定。

  • 「新山清・クラシックス」
    会期:2018年10月9日(火)~11月3日(土)
       13:00~19:00
    会場:zakura photo concept shop
    住所:東京都渋谷区桜丘町 14-5-103
    電話:03-6427-0369
    定休日:日、月
     
    【Text SATO TAKESHI】

  • タグ