特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • Image1

    一般の部42作品、小・中・高校生の部42作品、ユーモアフォト賞、タムロン賞、車輌写真賞、合計87点を展示。

  • 【写真展】『第11回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』入賞作品写真展
    鉄道の町 大宮の「そごう大宮店」で開催中

  • Image2

    そごう大宮店3F特設会場で開催中。

    • Image3

      一般の部で大賞を受賞した和田浩さん。

    • Image4

      小・中・高校生の部で大賞を受賞した玉田航也さん。

    • Image5

      写真展のオープニングセレモニーとしてテープカットを実施。

  • 『第11回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』入賞作品写真展が10月12日から鉄道のまち大宮の「そごう大宮店」で開催中。2018年5月1日から8月24日にかけて応募された7460点(応募人数1914人)の中から大賞や佳作など選ばれた87点の作品を展示されている。
     
     タムロン鉄道風景コンテストは鉄道風景写真、鉄道のあるスナップ写真など、鉄道とその周辺を入れ込んだ写真であれば、風景、スナップ問わず広く応募可能な写真コンテスト。今回は応募点数、応募のべ人数ともに過去最高を記録している。
     
     写真展開催を記念してオープニングセレモニーが開催されました。セレモニーにはコンテストの受賞者と主催のタムロン、後援のさいたま市、さいたま市教育委員会、さいたま商工会議所、そごう大宮店が出席。

  • Image6

    さいたま市スポーツ文化局文化部 部長 大西起由さん。

  • Image7

    地元のさいたま商工会議所からは安藤嘉明 副会頭。

  •  
     
     
     鉄道写真でポートレイト専門サイトのPASHA STYLEは関係ないと思ってしまいますが、鉄道とその周辺を入れ込んだ写真であれば風景、スナップ問わず応募可能なコンテストなので、PASHA STYLEの読者の方も満足できる作品がたくさん展示されています。ぜひ足を運んで欲しい写真展です。
     
     特に注目なのが小・中・高校生の部で大賞を受賞した玉田航也さん。なんと6歳。審査員も作品を選んでから年齢を知ってビックリしたそうです。さらに驚くことにお父さんもコンテストに応募していて、一般の部で佳作を受賞しています。写真に写っているのが玉田さんのお子さん二人。賞状を掲げているのが航也さんです。親子で写真を楽しまれているとは素敵ですね。

    • Image8

      小・中・高校生の部の大賞は、なんと6歳の玉田航也さん。ちなみにお父さんは一般の部 佳作を受賞。

    • Image9

      審査員は鉄道写真家 広田尚敬さんとフォトライターの矢野直美さん。

    • Image10

      作品の前でタムロン社長と審査員2名と記念撮影。

  • 『第11回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』入賞作品写真展
    会期:2018年10月12日(金)~10月31日(水)
       10:00~20:00
    入場料:無料
    会場:そごう大宮 3階 特設会場
    住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-6-2
    電話:048-646-2111(代表)
    主催:株式会社タムロン
    後援:さいたま市、さいたま市教育委員会、さいたま商工会議所
     
    【Text SATO TAKESHI】

  • タグ