特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • ニコンのレンズがソニーのα7で使えるなんて不思議。

  • 【レポート】他マウントのAFレンズが使える
    電子接点付きマウントアダプター ソニーα編

  • フランジバックが短いソニーαマウントにはいろいろなアダプターが。

    • ハイスピードコントラストAF駆動システムを搭載したCommlite CM-EF-E HS。キヤノンEFレンズが装着可能。

    • リーズナブルな価格が嬉しいCommlite CM-EF-NEX。キヤノンEFレンズが装着できる。カラーは黒もあり。

    • ソニーEマウントで他マウントAFが使える4種類のマウントアダプターをテスト。

  • 新製品が発売されたり、話題のカメラがあると使ってみたいとなるけど、「今使っているカメラとマウントが違うから無理。カメラを買う予算を作ったとしてもレンズを揃えると更にお金が……。なんで一眼レフってキヤノンもニコンも互換性がないのだろう。もう全社共通マウントにしてほしい!」と思ったことはないですか? そんな方にオススメなのがマウントアダプター。

    マウントアダプターの役割は、マウントの変換とフランジバックの調整。単純にレンズのサイズを変えて他社のカメラにレンズがつけられちゃう中間リングでしょ? せっかくのオートフォーカスレンズでも、他マウントに装着したらマニュアルフォーカスでしか使えないし……。」と思ったあなた! 実は、最近のアダプターの中にはオートフォーカスに対応できるものがあります。他マウントのレンズでオートフォーカスが作動するなんて夢のアイテムですよね。

    そこでユーザーの多いニコン、キヤノンにスポットをあて、他社のカメラでオートフォーカスが使えるマウントアダプターをテストしてみました。今回はフルサイズミラーレスで大人気のソニーEマウントに対応したモデルを紹介します。テストではαⅢを使用しました。

  • キヤノンEFレンズが使えるアダプター2種類は着脱可能な三脚座が標準で付属。

  • Commlite CM-ENF-E1 PROを使用するとニコンFマウントレンズ(Gタイプ)が使えるようになる。

  • キヤノンレンズに対応したアイテムはCommlite製の CM-EF-E HS と CM-EF-NEX の2タイプ。CM-EF-E HS はハイスピードコントラストAF駆動システムを搭載し、従来品よりもAFの高速化を実現しています。C/Pボタン搭載をすることで、より操作性を向上させたとのこと。

    もうひとつ、マウントアダプター CM-EF-NEX の特長はその価格。なんと8370円。この値段でキヤノンEFマウントレンズがソニーEマウントで使えるのは嬉しいですよね。本体のカラーはブラックとホワイトの2種類で、キヤノンの白レンズともベストマッチ。動画のテストでは CM-EF-E HS を使用しましたが、顔認証も瞳AFもしっかりと作動しているのがわかります。これだけ素早くフォーカスがあえば、ポートレイト撮影においても使いやすそうですね。

    Commlite CM-EF-E HS
    http://www.stkb.jp/shopdetail/000000001146/ct32/page1/recommend/

    Commlite CM-EF-NEX
    http://www.stkb.jp/shopdetail/000000000842/ct32/page1/recommend/

    ニコンレンズを他マウントで使えるマウントアダプターはCommlite製の CM-ENF-E1 PRO のみ。ニコンFマウント(Gタイプ)がソニーEマウントで使用可能。画面左右1/4のエリアのAFが合いづらいのが少し難点ではありますが、AFのスピードはポートレイト撮影にも有効なレベルです。

    Commlite CM-ENF-E1 PRO
    http://www.stkb.jp/shopdetail/000000000947/afmt_sony/page1/recommend/

    • ニコンのレンズが他マウントでAFも使えるアダプターはこれのみ。

    • マウントアダプターにモーターを搭載することで、ライカMマウントのレンズがAFで使える夢のアイテム。

    • フォクトレンダーのライカMマウント用のレンズでAFの動作チェックをした。

  • ライカMマウントに変換するアダプターをさらに装着すると、ニコンのオールドレンズでもAFが使えます。

  • ちょっとユニークなマウントアダプターは TECHART(テックアート)LM-EA7。なんとライカMマウントのマニュアルレンズでAFが使えます。仕組みはレンズ自体を前後させてピントを合わせるというもの。今まで紹介してきたマウントアダプターに比べればAFの速度が遅いですが、それでもスピードを要求されるスポーツ撮影などでなければ十分使用に耐えられそう。AFが合焦しにくい時には、大まかにピントを合わせてからAFを作動させれば、かなりスムーズにピントが合わせられます。Mマウントアダプターを使えば、ニコンFマウントやライカLマウントなど様々なレンズを使用することが可能です。

    TECHART LM-EA7
    http://www.stkb.jp/shopdetail/000000000608/ct1113/recommend/