ニュース NEWS

  • 記事検索

  • 【新製品】カーボンを贅沢に使い軽量化を実現
    スーパーライトスタンドDX LS-65C

  • photo

  • photo

    収納時に60cmまでコンパクトになるので機内持ち込みも可能。

  • 大光量で話題のマシンガンストロボMG10やコンパクトなボディが魅力のi60AをリリースするニッシンジャパンがスーパーライトスタンドDX LS-65Cを1月11日に発売。

    スーパーライトスタンドDX LS-65Cの最大の特長は脚部までカーボン素材を使用しているところ。これにより同サイズのアルミ製スタンドから約3割の軽量化した815gを実現している。

  • 180度開脚も可能。しっかりと脚部までカーボンを使って軽量化しているのがポイント。

  • ダボの形状は3/4インチのオスダボ。写真左は付属の1/4インチ変換アダプタを装着したところ。

  • ニッシンジャパンといえば既にカーボン製のスーパーライトスタンドLS-50C(質量545g)を発売しているのだが、こちらはクリップオンストロボを使用することを前提に作られたもので、軽量化に特化したモデルなので最大荷重は1.5kg。

    人気のバッテリータイプのモノブロックストロボを使用するにはちょっと重量的にギリギリ。今回、発売するスーパーライトスタンドDX LS-65Cは最大荷重は3.0kgなので、クリップオンストロボ以外を使いたい人にも対応できるのが嬉しい。

    ポールだけでなく脚部までカーボン素材を使用して剛性を確保しつつ計量化しているのもポイント。出っ張った手回しのネジがないスッキリとしたデザインを採用しているので、機材の出し入れなどストレスなく行える。サイズは収納時に60cmまでコンパクトになるので、機内持ち込み大丈夫。

  • 同サイズのアルミ製スタンドと比べると約3割の軽量化を実現。重さは驚きの815g。

  • 最もスタンドを伸ばすと270cm。最大荷重は3.0kgを実現。

  • スーパーライトスタンドDX LS-65C

    脚段数 5 段
    材質 カーボンファイバー(センターポール・脚部)
    全伸高(最大高)270cm
    最低高 60cm
    格納高 60cm
    最大荷重 3.0kg
    質量(重さ) 約815g
    ダボの形状 オスダボ(3/8 インチ)
    その他 グリップホルダー、1/4 インチへの変換アダプタ付属

    価格 オープンプライス
    発売日 2019年1月11日