特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 【レポート】OLYMPUS 新製品発表会
    プロフェッショナルモデル OM-D E-M1X発表

  • photo

  • photo

    代表取締役社長/笹 宏行氏(左)と映像開発本部 映像商品企画部 部長/城田 英二氏(右)

  • 今年創立100周年を迎える
    オリンパス株式会社。
    100年の歩みを通して
    医療・科学・映像の分野で
    数多くの「世界初」を世に送り出し、
    社会に価値をもたらす
    革新的な製品やサービスを提供してきた
    オリンパスから、満を持して発表された
    プロフェッショナルモデル OM-D E-M1X。
    そのプレゼンテーションが都内で行われた。

  • 昨年の段階でフルサイズミラーレスが
    各社出揃い、小型軽量カメラの価値が
    市場でもユーザーの中でも鮮明になっている今、
    マイクロフォーサーズにとっても
    その流れは追い風になっている。
    これからもオリンパスは
    マイクロフォーサーズというフォーマットの
    開発、発展に注力していく。
    と代表取締役 笹氏は力強く宣言した。
     
    その自信に満ちた宣言を受けて
    映像開発本部 映像商品企画部 部長
    城田氏より、いよいよ新製品の発表が行われた。

    プロフェッショナルモデルのフラッグシップ機
    OM-D E-M1X。

    そして、もう一方のフラッグシップ機である
    OM-D E-M1 MarkII の100周年記念
    限定シルバーモデル(全世界限定2,000台)。

  • 縦グリップが一体型となったE-M1X。プロ機としての佇まいを感じるフォルムだ。

  • 電波式ワイヤレスフラッシュシステム
    FL-700WR(エレクトロニックフラッシュ)
    FC-WR(ワイヤレスコマンダー)
    FR-WR(ワイヤレスレシーバー)

    PC用画像編集ソフトウェアとして
    Olympus Workspace

    ユーザーからの要望が多かった超望遠レンズ
    M.ZUIKO DIGITAL
    ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO
    倍率2倍のテレコンバーター
    M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20
    の開発発表も併せて行われた。

    発表会のメインであるE-M1Xのキーワードは
    「信頼性」と「機動力」。
    ●ミスのない操作の実現
    ●圧倒的な機動性
    ●あらゆる環境で使えること
    の3点を強く訴求している。
    プロフォトグラファーがコアターゲットである
    プロフェッショナルモデルという
    位置づけにふさわしい性能になっているようだ。
    同機の詳細は改めてレポートする。

  • プレス関係者、プロカメラマン、招待客、
    YouTuberまで大変多くの来場者が作り出す会場の
    熱量にフォーサーズシステムに対する期待度を感じた。
    そしてフォーサーズシステムをやり続ける!という
    オリンパスの信念、自信も強く感じた発表会だった。