特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 【新製品】OLYMPUS OM-D E-M1X
    プロフェッショナルモデルのプライド

  • photo

  • photo

  • オリンパス株式会社は
    1月の発表会において
    小型軽量、高画質を実現する
    「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠
    プロフェッショナルモデル
    ミラーレス一眼カメラ
    OLYMPUS OM-D E-M1Xを発表。
    2019年2月22日に市場に投入する。

    縦グリップ一体構造で
    安定したホールディング性と高い操作性を実現。
    さらに最大約7.5段分の手ぶれ補正能力を備え、
    一瞬のシャッターチャンスを狙う写真家の
    信頼に応えるプロフェッショナルモデルだ。
    「プロフェッショナルモデル」という
    カテゴライズからオリンパスの同商品に対する
    自信とプライドが伝わってくる。

  • 主な特徴(抜粋)



    ●縦グリップ一体構造による安定した
     ホールディング性と高い操作性

    ・横位置、縦位置
     いずれでも高いホールディング性
    ・ファインダー撮影を重視し、ボタンなどの
     形状、レイアウト、高さを一新
    ・高倍率、高速のビューファインダーで
     動く被写体もストレスなく捉えます
    ・より厳しい様々なテストを実施し
     プロが求める過酷な撮影環境
    (天候、気温など)に応える堅牢性と信頼性
    ・大容量バッテリーで撮影可能枚数約870枚
     USB PD規格の電源からの給電も可能
     
    ●快適なAFシステム
    ・素早くAFエリアを移動できる
     AFマルチセレクター
    ・121点オールクロス像面位相差
     AFセンサー
    ・AFターゲットモードやAFエリア位置設定など
     プロのニーズに応える様々なAF設定
     
    ●撮りたい瞬間を逃さない高速連写
    ・肉眼で捉えることのできない一瞬を切り取る
     最高約60コマ/秒の高速連写
    ・シャッターレリーズ時から最大35コマ分
     さかのぼって記録できる
     プロキャプチャーモード
  • ●高速画像処理エンジンTruePic VIII
     2基のパワーで最先端撮影機能が実現

    ・最高80Mの超高解像画像を撮影できる
     「三脚ハイレゾショット」に加え、
     多くの要望があった「手持ちハイレゾショット」
     の撮影が可能になりました
    ・NDフィルターを使用せず、スローシャッター
     効果を使った表現が可能な「ライブND」
    ・モータースポーツ、航空機、鉄道の3つの
     ジャンルの被写体を検出しフォーカス追尾する
    「インテリジェント被写体認識AF」
     
    ●最大約7.5段分の手ぶれ補正
     
    ●GPS、温度計、気圧、コンパスといった
     フィールドセンサーを内蔵

     
    ●フリッカーレス撮影、
     フリッカースキャン機能搭載

     
    ●ワイヤレス撮影画像転送に対応

  • OLYMPUS OM-D E-M1X
    市場想定価格:34万円前後+税

    ・レンズマウント:マイクロフォーサーズマウント
    ・撮像素子:4/3型Live MOS センサー
    ・有効画素数:約2037万画素
    ・ファインダー形式:アイレベル式
     液晶ビューファインダー、約236万ドット
    ・ISO感度:200~6400まで基準感度・
     上限感度を変更可(オート)
     200-25600・1/3 or 1 EV
     ステップ選択可(マニュアル)
    ・手ブレ補正機能:ボディ内手ぶれ補正
    (撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正)
    ・液晶モニター:3.0型2軸可動式液晶 約104万ドット
    ・本体サイズ:W144.4mm×H146.8mm×D75.4mm
    (突起部含まず)
    ・重量:約849g(本体のみ)
    ・静止画ファイル形式:RAW(12bitロスレス圧縮)、
     JPEG、RAW+JPEG
    ・動画ファイル形式:MOV(MPEG-4AVC/H.264)