ニュース NEWS

  • 記事検索

  • sessions

  • 【新製品】新たな演色評価モードを搭載
    「スペクトロマスターC-800」発売

  • 株式会社セコニックが複数の演色評価モードを搭載した分光方式カラーメーター「スペクトロマスター C-800」を2018年12月21日から発売開始。
     
    スペクトロマスター C-800は写真や映像分野で使用される各種演色評価モードを搭載。注目はアカデミー賞の選考元である映画芸術科学アカデミーが開発した演色評価指数のSSIをカラーメーターとしては世界で初めて搭載したところ。
    それ以外にもテレビ映像の作成を前提とした演色評価指数TLCI(TLMFとも呼ばれている)、99色の基準色と人間の目の特性を元にRf(色忠実度)とRg(鮮やかさ)を指数で表示するTM-30-15、スタンダードな演色評価指数のCRIを搭載している。

    色にこだわるフォトグラファーならカラーメーターで測定して、自分の撮影空間を数値化してコントロールしたいところ。

  • スペクトロマスター C-800
    価格:18万円
     
     【C-800の主な特徴】
    ●高精度な測定
    様々な光源(LED、HMI、タングステン、蛍光灯、自然光、フラッシュ光など)を380nm~780nmの波長範囲で測定可能。

    ●各種の演色評価モードに対応
    CRI (Color Rendering Index)
    SSI (Spectral Similarity Index)
    TLCI (Television Lighting ConsistencyIndex)
    TLMF (Television Lighting Matching Factor)
    TM-30-15 (Technical Memorandum)の評価モードを搭載

    ●メモリー機能
    測定した値を99個まで本体にメモリーしておく事が可能。USB接続でデータ保存が可能。

    ●専用ユーティリティーソフト
    ユーティリィティソフトでパソコン上から本体設定やメモリーデータの呼び出し、保存、グラフ表示やプリントが可能。また本体のファームウェアアップデートも行えます。WindowsとMacintoshに対応。