特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • sessions

  • 【レポート】XF IQ4カメラシステム発表会
    1億5100万画素!中判カメラの最高峰!

  • photo

  • photo

  • Phase One Japan株式会社は
    中判デジタルカメラの最高峰
    世界初裏面照射型1億5100万画素センサー搭載
    XF IQ4カメラシステムの一般公開に先立ち
    発表会を2019年1月都内で行なった。

    会場にはプレス関係者というよりは
    フォトグラファーまたはその周辺の人々があふれ
    流石プロユースのカメラ発表会といった雰囲気。
    場所も大規模なスタジオだ。
    主に一般ユーザーをターゲットにする
    PASHA STYLEの立ち位置からは
    かなり遠い世界のカメラではあるが
    最高峰のシステムを垣間見れる貴重な機会。
    ポートレイトのライブシューティング
    イベントにも立ち会うことができた。

  • Pia Stangerup氏

  • A/S開発責任者 Lau Norgaard氏

  • Phase One本部(デンマーク)の
    Pia Stangerup氏の開会挨拶を受け
    A/S開発責任者 Lau Norgaard氏から
    同システムのプレゼンテーションが行われた。

    XF IQ4 150MPカメラシステムは
    1億5100万画素の裏面照射型CMOSセンサーを
    搭載したトップモデル。
    RGBモデルとモノクロ専用モデルがある。
    また正確な色再現性が特徴の
    1億100万画素のモデルもあり、
    全部で3ライン展開。
    いずれもセンサーサイズは53.4mm×40mmで
    35mmフルサイズの撮像面積の2.5倍にもなる。

    以前、1億画素のIQ3を使用した経験のある
    弊誌ポートレイトナビゲーターのooxo氏は言う。
    「超高解像度という事、素子が大きい事からくるダイナミックレンジの広さが、
    例えば大判プリントや高解像度モニターで
    写真を見た時に、写真が写真ではなく
    リアル(本物)になると感じる。
    目の前の等身大パネルが、
    間近で見るとやはり解像度が足りなくて、
    所謂「写真」として映ってしまうのが
    どこまで近寄っても、そこに毛穴まで見える
    まるで本物がいるような、
    そんな凄さがフェーズのカメラにはある。
    トップモデルIQ4はさらにその凄みを増している」

    やはりこのスペックのカメラが吐き出す写真は
    35mmフルサイズ機のレベルを
    遥かに凌駕しているようだ。

    画質だけではないとプレゼンテーションは続く。
    IQ4シリーズは、新規開発プラットフォームにより
    カメラ内部にアプリケーションを実装できる。
    現像ソフトCapture Oneの画像処理機能を
    カメラ内部に搭載した「Capture One Inside」
    により、プレビュー品質の向上、カメラ内での
    JPEG生成、フレームレートが高まった
    ライブビュー表示などを実現している。
    ストレージはXQDとSDメモリーカードに対応。
    接続はWi-Fi、USB Type-C、Ethernetで
    快適にテザー撮影ができる。

  • よりパワフルにスピーディーになった
    IQ4はCapture Oneをインテグレートすることで
    来月、来年、次の年と新しい機能を追加でき、
    アップデートし進化していく可能性を秘めている。
    とプレゼンテーションを結んだ。

    続いて博報堂フォトクリエイティブの
    フォトグラファー高橋秀行氏による
    ライブシューティング、同氏と「SHOOTING」
    編集長、坂田大作氏によるトークセッションも
    行われた。ライブシューティングでは
    黒い衣装のモデルの瞳から涙が溢れる
    ドラマティックなシーンの撮影を通して
    IQ4のポテンシャルを探っていった。
    (事情により写真は掲載できませんでした)
    高橋氏はプロフォトグラファーの視点から語る。
    「物理的には3000万画素で十分という人もいる。
    しかし1億5100万画素にしか
    描けない世界があると私は考えています。
    そしてこのCMOSセンサーのラチチュードは
    人間の目にとても近いなと感じました。
    時々自分がライティングしたイメージと
    撮った写真にズレを感じることがあります。
    もっと滑らかなはずなのにとか、
    逆にもっと硬いはずなのにとか。
    そういったズレがこのカメラでは少ないのです。
    シャドー部にもしっかり情報が残っているので
    暗いシーンの撮影にも安心できますね」

  • ライブシューティングでモニターに映し出される
    ポートレイトの滑らかなトーン、
    肌の質感や存在感。
    一筋の涙の雫の中まで映し取る解像感は
    見るものを惹き込む強い力をもっていた。
    撮る者のイマジネーションを最高の形で支える
    これからのIQ4システムの進化から目が離せない。
     
     
    XF IQ4 150MP/559万9000円
    XF IQ4 150MPアクロマティック/615万9000円
    XF IQ4 100MPトリクロマティック/517万9000円

    ※全て税別 ※Blue Ring Lens1本付属