特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • HASEO〜ポートレイトナビゲーターレポート
    撮影はおとぎの国の輪舞曲で

    • 撮影の舞台となるメリーゴーランド

    • 時には自らヘア、衣装などに手を入れる

  • 今にも空から雪が舞い落ちそうな
    2月の午後、ゲストのいなくなった
    閉園後の遊園地を貸し切って
    PASHA STYLEのポートレイトナビゲーター
    であるフォトグラファーHASEO氏の
    作品撮り撮影が行われた。
    満足にセットが組めないロケーション。
    時間も限られた厳しい条件の中でいかに
    作品を作り上げていくのか興味は尽きない。

    全てのイメージはHASEO氏の頭の中にある。
    特にコンテのようなものがあるわけではない。
    頭の中のイメージを元に
    スタイリストやヘアメイクに指示がとび、
    スタッフはそれに応えていく。
    一通りスタッフとイメージを共有すると
    ロケ現場に。ひとりアングルを探りながら
    イメージを練り上げ、撮影プランを決定していく。
    ひとつひとつの判断のスピード感がすごい。
    今回の作品撮りのカメラは
    先日発売されたOLYMPUSのOM-D E-M1X。
    OLYMPUSの威信をかけた
    プロフェッショナルモデルの実力とやらを
    見極める目論見もあるのかもしれない。
    このロケにはOLYMPUSの方も参加されており
    プロの生の声に耳を傾けていた。

  • 機材のコンパクトさには驚かされる

  • 使用ストロボはNissinのi60A、2灯のみ

  • それにしても使用機材の
    コンパクトさには驚かされる。
    メインのボディはもちろん
    ストロボもNissin i60Aを
    2灯(スチール時)使うのみだ。
    このシステムであのHASEO氏の
    作品が作られるのかと思うと
    OLYMPUS機のポテンシャルの高さを
    感じずにはいられない。

    刻々と日が落ちていく
    時間との戦いの中
    いよいよ撮影本番がスタート。
    全てのカットの前に
    モデルとコミュニケーションを取る。
    これから撮るシーンの「ストーリー」を説明し
    イメージを共有し、撮る側、撮られる側が
    同じ方向を感じながら
    最高の形でセッションしていく。
    フォトストーリーテラーHASEO氏の
    作品作りのやり方なのだろう。

    E-M1Xの強力な手ぶれ補正の恩恵を
    最大に使って、日暮れから完全な日没後まで
    メリーゴーランドの放つ妖しい灯りと、
    たった2灯のストロボだけで
    「手持ち」での撮影が続いた…。

  • 2時間余の短い時間の中で
    様々なシーンを瞬時に切り取っていく
    撮影のタイムライン。
    HASEO氏の中のコンセプトワーク、
    事前のイメージ作りが明確に行われているから
    こそだろうと想像する。
    今回の撮影の仕上がりはまだ
    見ることができていないが
    発表された時、このバックステージの記事と
    照らし合わせて作品を見ていただきたい。
    定着された作品だけからは感じられない
    “息遣い”を感じられるのではないだろうか。

  • HASEO
     
    APA(公益社団法人 日本広告写真家協会)正会員
    PASHA STYLE ポートレイトナビゲーター
     
    本物にこだわり、自身の作品では合成を使用せず、現地にて撮影することをポリシーとする。花は全て生花を使用、やがて朽ちてしまうからこそ写真で撮ることで色褪せず、美しい瞬間を残している。独自の世界観にて写真で物語を生み、オリジナルのストーリーを展開している。多くのファンから支持をされ、写真絵本も人気となっている。海外でも多くの賞を受賞。また、頭蓋骨に合わせた撮影技法を論理的に体系化し、撮り方やライティング本も人気となっている。
     
     
    【TEXT KAWANO KIMIHIRO】

  • タグ