ニュース NEWS

  • 記事検索

  • 【レポート】Panasonic初の35mmフルサイズミラーレスカメラ
    LUMIX Sシリーズ 新製品発表会

  • photo

  • photo

    左)パナソニック株式会社 執行役員 アプライアンス社 副社長/渕上英巳氏 右)パナソニック株式会社 アプライアンス社 イメージングネットワーク事業部 事業部長 山根洋介氏

  • パナソニック株式会社は
    同社初の35mmフルサイズミラーレスカメラ
    LUMIX S1R/S1の発表会を2月都内で開催した。

    「世界初のミラーレスカメラを開発して以来
    世界初の技術開発にチャレンジしていった結果、
    数多くのプロフォトグラファーや
    ビデオグラファーに支持される
    レベルにまでLUMIXは進化してきました。
    その進化に留まることなく
    プロの限りない表現欲求にさらに応えたい。
    私たちはそんな想いで
    フルサイズ機の開発に取り組んできました。
    先端技術を駆使しプロフェッショナルの
    道具として、身体の一部として、
    活躍できるカメラとして開発された
    S1R/S1にぜひ期待していただきたい。」

    とパナソニック アプライアンス社 副社長
    渕上氏は語る。

  • 「S1Rは究極の表現力を求める写真家に。
    S1は静止画に加え動画も扱う
    ハイブリッドクリエイターに向け開発しました。
    共にプロが求める〈表現力〉〈基本性能〉
    〈操作性〉〈堅牢性〉を高レベルで備え、
    プロの撮影を強力にサポートすることができます。
    さらにプロダクトだけでなく
    写真環境周辺のサポート体制を充実させます。
    メンテナンス、修理を担う
    LUMIX PRO SERVICESを開始。
    また、写真を愛する方、LUMIXユーザーとの
    絆をより深めるため東京銀座に
    ショールーム、ギャラリーも開設いたします。
    新たな時代を切り拓く
    LUMIX Sシリーズにぜひご期待ください。」

    とパナソニック アプライアンス社
    イメージングネットワーク事業部
    事業部長 山根氏は語った。

  • 実機体験コーナーの模様。プロ写真家、映像作家がSシリーズで撮った写真を展示するスペースにPASHA STYLEポートレイトナビゲーターの福井麻衣子氏も参加

  • その後、写真家 相原正明氏のトークショー、
    今後のSシリーズのマーケティング戦略
    「LUMIX CHALLENGE」の発表、質疑応答を
    もってすべての発表は終了した。
    最後発であるパナソニックが各社出揃った
    フルサイズ市場で生き抜くために
    ターゲッティング、機材の開発、サポート体制、
    ショールーム、ギャラリー、マーケティング、
    ブランディングなど考えうるものをフル動員して
    切り込んできたなという感想を持った。
    実機体験コーナーで触ったSシリーズは
    今までのミラーレス機とは異なり大きく重い。
    普通にレフ機並だ。
    しかしだからこそ実現できた性能であり
    堅牢性であり信頼性であると開発者は語る。
    いきなりフラッグシップ級のカメラを
    ラインナップしてきた戦略の広がりに
    これからも注目していきたい。

  • 3月23日発売
    LUMIX DC-S1R
    有効画素数/4730万画素
    ボディ/46万4000円前後
    ズームレンズキット/57万6000円前後
     
    LUMIX DC-S1
    有効画素数/2420万画素
    ボディ/31万4000円前後
    ズームレンズキット/42万6000円前後