ニュース NEWS

  • 記事検索

  • sessions

  • 【新製品】CP+2019で3本のレンズを参考出品
    ポートレイトに最適なズームレンズなど

  • photo

  • 総合光学機器メーカーのタムロンが2月28日から開催されるCP+2019で参考出品する3本の開発中のレンズを発表。

    【参考出品】
    ポートレイトを撮るために誕生したズームレンズ
    35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD
    (Model A043)

     
    広角35mmから望遠端150mmまで約4.3倍のズーム比をもち、中望遠の85mmを中心に人物撮影で最適とされる焦点距離を幅広くカバー。1本でさまざまなシーンで使用できる軽量・コンパクトなレンズ。最短撮影距離はズーム全域で0.45mと、室内でも取り回しよく撮影可能。マウントはニコン、キヤノン。

  •  
     
    【参考出品】
    タムロンの最高技術を結集した単焦点レンズ
    SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)
     
    1979年に「最高の1枚を撮るためのレンズを、写真を愛する人へ届けること」をコンセプトに生まれたタムロンのSPレンズシリーズ。今年で40周年、この記念すべき年にタムロンの最高技術を結集して開発されたのが、Model F045。このオーソドックスな単焦点レンズにタムロンがこれまでに培った光学技術のすべてを注ぎ込んだ。かつてない高解像度と美しく魅惑的なボケ味は、あらゆるシーンを細部まで余すことなく表現することを可能。マウントはニコン、キヤノン。

  •  
     
    【参考出品】
    フィルター径67mm、圧倒的な小型・軽量ボディを実現
    17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)
     
    大口径超広角ズームクラスとしては驚きのフィルター径φ67mmを実現。今までになく軽量・コンパクトなボディがフルサイズミラーレスⅡマッチするレンズ。ズーム全域でF/2.8と明るい本レンズは、画面中心から周辺部まで高い解像力とコントラストを発揮。マウントはソニーEマウント。

  • ※今回発表のレンズについては、開発中の製品の為、仕様、外観、性能等が断りなく変更になる可能性があります。