特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • sessions

  • 写真の祭典CP+2019〜4日間の会期を終了
    平成の終わりからのミラーレス時代

  • photo

  • photo

  • 2019年2月28日〜3月3日の会期で
    パシフィコ横浜/大さん橋ホールで開催の
    写真映像イベント「CP+ 2019」が閉幕した。

    登録来場者数は4日間で69,615人にのぼり
    すぐれない天候の中、会場内だけは
    メーカーとユーザーの熱気に包まれ、
    春を飛び越したホットな空間となっていた。

    各メーカーは国内最大のこのイベントに
    フォーカスを合わせ、
    新製品新アイテムを投入、
    ラインナップをプレゼンテーション。
    各ブースではディスプレイ、体験コーナー、
    セミナー、トークショーなど
    写真、カメラ好きにはたまらない
    趣向を凝らした空間が
    そこかしこに提示されていて
    1日では到底満足できない催しだった。

  • 数ある出展商品の中で来場者の投票で決まる
    気になるワールドプレミアアワード。
    2019年の結果は以下のようになった。

    ■レンズ交換式カメラ部門
     キヤノン株式会社/キヤノン
     マーケティングジャパン株式会社
     EOS RP

    ■レンズ一体カメラ部門
     株式会社リコー/
     リコーイメージング株式会社
     RICOH GR Ⅲ

    ■交換レンズ部門
     ソニーイメージングプロダクツ&
     ソリューションズ株式会社/
     ソニーマーケティング株式会社
     FE 135m F1.8 GM

    ■フォトアクセサリー部門
     東芝メモリ株式会社
     EXCERIA TM
     高耐久microSDメモリカード (M303E)

    やはり直近で発表、発売のある
    カメラなどが、来場者の興味を
    強烈に掻き立てた結果となったようだ。
    翻って今回のCP+で感じたことといえば
    全てのメーカーの道筋が「ミラーレス」に
    向かっていてその流れは止まらないということ。
    ボディはもちろん新規開発レンズにしても。
    SONY一強の現状が来年の今頃どのように
    変わっているのか、変わっていないのか。
    ユーザーの心を揺さぶる製品の登場を
    心待ちにしている。

  • ポートレイト専門誌として
    写真業界に携わるPASHA STYLEも
    様々な形でCP+2019に参加させてもらった。

    中でもストロボメーカーNissinの
    HASEO vs 黒田明臣トークショーには
    PASHA STYLE編集長が乱入。
    しっかり宣伝させていただいた。

    また、各所のセミナー、展示物においては
    弊誌ポートレイトナビゲーターや
    掲載させてもらったフォトグラファーの
    方々が八面六臂の活躍をみせていた。

    あっという間に過ぎ去っていった4日間。
    機材メーカーの「本気」で満たされた空間から
    来場者の方々はどんな想いを
    持ち帰られただろうか。
    カメラ機器も日々進化する中で
    とかく「映え」がもてはやされる昨今だが、
    我々ポートレイトフォトグラファーも
    日々進化を続けていきたいものだ。
    そして、PASHA STYLEの読者の方々には
    そのポートレイト作品をぜひタグ投稿
    #pasha_magazine で発表していただきたい。