特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • COSINA × 石本一人旅
    ストリートスナップ!SUPER SESSION !

    • COLOR-SKOPAR Vintage Line 21mm F3.5 作例①

    • COLOR-SKOPAR Vintage Line 21mm F3.5 作例②

    • COLOR-SKOPAR Vintage Line 21mm F3.5 作例③

  • 2019年初頭、株式会社コシナから
    2本の興味深いレンズが発売された。

    COLOR-SKOPAR Vintage Line
    21mm F3.5 Aspherical VM

    ULTRON Vintage Line
    35mm F2 Aspherical VM

    ヴィンテージラインの名の通り
    クラシックレンズのスタイリングに
    現代的な光学性能を持ち合わせた
    超広角と広角域のレンズだ。
    F値を欲張らず画質とコンパクトさを追求。
    レンジファインダー機とのマッチングを
    想定して開発されているこの2本のレンズは
    その性格から「スナップ」が得意だ。
    言うなれば“街が似合うレンズ”。
    そんなレンズで撮るポートレイトを
    今回は紹介してみたいと思う。

    フォトグラファーはPASHA STYLEの
    ポートレイトナビゲーター、石本一人旅氏。
    https://www.lonesomeishimoto.com/
    https://pasha.style/article/12
    https://pasha.style/article/601
    彼の自由な感性のストリートスナップは最高だ。
    COSINAレンズ×石本一人旅のコラボから
    生まれる写真はスペックからかけ離れて
    ライヴの面白さを見せてくれるはずだし、
    それこそがストリートでありスナップだと思う。

    「普段は基本的にオートフォーカスで
    35mm~105mmあたりを使うんですけど、
    今回全てをマニュアルでというのは
    どうなるか楽しみですね」
    (石本)

    そんな話をしてくれた石本氏だったが
    撮影が始まってみると、
    そのテンポの良さに驚かされる。
    テーマはない。道筋だけ大まかに決まっていて
    とにかく歩く。後は偶然の景色、光、影、
    モデルとのコミュニケーションの中から
    作品が紡ぎ出されていくのだ。

    「綿密な計画とか明確な主張とかは苦手。
    場当たりで適当が好きです。ファッションも
    ストリートも生(なま)ですから
    少し雑なくらいがイカしてるんじゃないかなと
    思っています。いくら計画を立てても
    予想外のことって起きますし」
    (石本)

    これぞライヴ(スナップ)の醍醐味だろう。
     
     
     

  • それぞれのレンズの
    インプレッションについても聞いてみた。
     
    COLOR-SKOPAR Vintage Line
    21mm F3.5 Aspherical VM
     
    「21mmは滅多に使わない画角です。
    ポートレイトには少し遠く感じてしまうし
    寄れば歪みが少ないとはいえ
    モデルの気が散ってしまうので。
    コントラストは優しい感じですね。
    スタイリングを含め
    オールドレンズらしさを適度に残していて、
    それを楽しめるのがいいと思います」
    (石本)
     
    作例①を見ると周辺の解像なども素晴らしい。
    ポートレイトレンズとして見るならば
    使い所に難しさはあるが、ハマれば面白そうだ。
     
    ULTRON Vintage Line
    35mm F2 Aspherical VM
     
    「35mmは一番好きな画角ですね。
    仕事以外では最も使う頻度が高いです。
    このレンズは歪みも気にならないし
    発色、逆光でのフレアの出方なんか
    オールドレンズっぽさを感じられる
    レンズではないでしょうか。それでも開放から
    ピント面はシャープだし使いやすいレンズ。
    見た目もカワイイし、
    AFだったら欲しかったです…!」
    (石本)
     
    石本氏と同じくストリートでの
    スナップポートレイトを楽しまれる
    フォトグラファーは多いはず。
    そんな方にはスタイリング、サイズ感、
    描写性能全てにおいてスナップの楽しさを
    満喫できるレンズではないかと思う。
    それにしても石本氏のスナップ写真を見ていると
    写欲がフツフツと湧いてくる。
    カメラをもって街へ出てみたくなった。
     

    • ULTRON Vintage Line 35mm F2 作例④

    • ULTRON Vintage Line 35mm F2 作例⑤

    • ULTRON Vintage Line 35mm F2 作例⑥