特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • プロカメ硯谷昭広のPhotoshopアクションで
    誰でも10分美肌レタッチ、やってみた!

    • 硯谷氏の作品(PASHA STYLE BOOK vol.3アウトテイク)

    • 全アクション。これで左のような作品に仕上がるのか?

    • お題のお写真。気になる箇所だけベースレタッチした後、アクションを適用。できたマスクを塗っていきます。

  • ポートレイトフォトグラファーの皆さん
    こんにちは。PASHA STYLE編集部です。

    作品撮りにデジタルを使う方は
    多くの場合、撮影→現像→レタッチ
    という工程を経て作品を仕上げますよね。
    女性が被写体の場合「肌」の質感や透明感など
    フォトグラファー、モデル双方に
    こだわりがあったりして
    なにかと時間がかかったりするものです。
    昨今のデジカメの高機能、高画素化が
    さらに後からの処理を面倒にしていたり……
    嬉しいのか悲しいのか、痛し痒しであります。

    そんな折、編集部にポートレイトナビゲーター
    のプロカメ硯谷氏から連絡が!

    硯「肌のレタッチが簡単にできちゃう
      Photoshopのアクション作ってみた!」

    硯谷氏といえばビューティー系を撮らせたら
    そりゃすごいお方じゃないですか。
    https://pasha.style/article/11
    そんな人が作ったアクションって気になりすぎ!
    そもそもホントに簡単なのかっていう。
    プロの言う「簡単」ほど
    信じられないものはありませんからね。

    硯「ホントに簡単だから!アクション使って、
      ヌリヌリするだけの簡単なお仕事w
      誰でもできるから使ってみて!じゃね!」

    じゃね!って軽っ。そんなキャラでしたっけ?
    お手軽簡単にレタッチできるが売りの
    アクションなんだから、このくらいライトな
    ノリがいいのかもしれませんけどね。
    硯谷氏からお題のポートレイト写真を
    いただきましたのでホントに誰でも
    ビューティーレタッチャーになれるのか?
    簡単レタッチにチャレンジしてみました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

  • アクションが収められたフォルダを開くと
    ●アクションファイル
    ●チュートリアルビデオ
    ●参考画像
    の3つが収められております。

    まずはチュートリアルビデオを見ることにします。
    一通り見終わったところで手順に従って
    アクションを読み込み。あとは
    ビデオ解説に従ってレタッチを進めるのみ。

    すると、、、ああああああああああ!

    たった10分あまりで、見違えるような
    ビューティーフォトの出来上がり!!!!
    右手の比較写真をご覧ください!
    なんということでしょう。
    私は凄腕ビューティーレタッチャーに
    レベルアップした模様です。
    たぶん右の写真では真価がわかりません。
    元の画像をアップしておきますので
    ぜひダウンロードしてご覧ください。

    http://xfs.jp/JZ5Iw

    肌はなめらかになっているのに
    テクスチャーは見事に残っていて
    なんと自然で輝きのある仕上がりでしょう。
    それぞれのアクションは
    パラメーターが変更できるので 、
    適用度を弱めたり、強めたり、
    更に細かく好みの仕上がりに追い込んでいけます。
    この簡単さ、感動すら覚えてしまいました。

    • 驚きのBeforeAfter!この仕上がりがたったの10分です!ぜひダウンロードしてご覧ください。

  • このPhotoshop用アクションセットを
    使ってみて何が素晴らしいかというと
    アクション自体の仕上がりはもちろんのこと
    同梱されているチュートリアルビデオ
    (アクションの読み込み方、アクションの使用方法、
    ベースレタッチの解説)があるということ。
    このムービーがあることで、一切迷わない!
    誰でも必ず同様の結果を得ることができる!
    忘れたときはまた確認できる!のですっ!
    いやはや、メタルキングスライムを
    倒した時くらい経験値をいただいた感じです。
    恐るべし硯谷Photoshopアクション……