特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 【CP+2019】ZEISS篇
    プロダクトへの拘りはデザインに表れる

  • 2019年CP+の企業ブースや製品で
    気になったものをピックアップ!
    今回はZEISSさんです。
     
    言わずとしれた高級レンズメーカーで
    ありながら、今回の目玉は違いましたね。
    35mmフルサイズの高級コンデジ(?)
    ZEISS ZX1
    こちらがまだタッチ&トライできない
    ガラスケースの中にに入った状態ですが、
    お目見えしました。
     
    有効画素数3,740万画素。
    なんとおなじみ Adobe Lightroom が
    内蔵されていて、512GBのSSDを持ち
    本体だけで撮影、現像、SNSへの投稿まで
    完結してしまう!というものらしいです!
    レンズはDistagon T* 35mm F2。
    これはコンデジと呼んでしまっても
    いいのだろうかといった内容、佇まいです。
    極限までシンプルにデザインされたボディ。
    多くの機能は背面の液晶タッチパネルにまかせ
    物理ボタンなどが極端に少なくなっています。
    ブラックのボディにイエローのサインが映えて
    最近のZEISSのレンズデザインに通ずる
    美学というものを漂わせています。
    触った感じ、重量感、ホールディング性、
    操作性など大変気になるところです。
    今の所、発売時期、価格などは未定とのこと。
    早くガラスの世界から出てきてほしいカメラです。

  • プロダクトデザインへの拘りはZEISSブース、
    とりわけレンズのタッチ&トライコーナーの
    空間デザインへまで波及しているようで
    大変こだわった作りが目を惹きました。
     
    細部まで作り上げられた“本物”志向。
     
    ZEISSブースに現れた仕立て屋には
    美しい職人と美しい客人が。
    大切に手入れされたミシンや道具たちで
    体の一部となる上質な洋服を
    仕立ててくれるに違いありません。
    このお店のロゴマークも
    このイベントのためにデザインされたもの。
    店内に置いてあるマグカップにも
    そのロゴが印刷されているなど
    細部まで手を抜かず、積み上げることで
    どこを撮ってもフォトジェニックな空間を
    創り上げていました。

    製品から今回のブースに至るまで
    ZEISSという企業が全てのデザインに持つ
    リスペクトを感じずにはいられません。
    その精神がレンズにもZX1にも
    流れているようでした。