特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 【CP+2019】TAMRON篇
    ポートレイトに最適なレンズが参考出品

  • フルサイズ用2本とフルサイズミラーレス用のレンズ1本を参考出品

    • 参考出品 35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD      (Model A043)

    • 参考出品 SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)

    • タムロンの最高技術を結集して作られたSP 35mm F/1.4 Di USDはポートレイトに最適。

  • CP+で注目のメーカー&アイテムを大紹介。
    今回は日本屈指のレンズメーカー
    タムロンブースを紹介します。
     
    タムロンといえばズームレンズの印象が強いレンズメーカー。今回はCP+直前に発表された3本のレンズがタムロンブースの注目アイテムです。
     
    残念ながら、まだ3本とも試写できる実機はありませんでしたが、実際のレンズと同じ重量で手に取って質感や重量感を体感できるモックアップが用意されていました。
    ショーケースの中に飾ってあるレンズと違って、持ってみると自分のカメラに装着したイメージが想像できて試写できなくてもレンズが欲しくなります。

     
    参考出品35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD
    (Model A043)

    キヤノンEF、ニコンFマウントでリリースされる予定の広角35mmから望遠150mmをカバーできるレンズ。35mmの全身ショットから、150mmでのバストショットまで、レンズ交換をすることなく快適にポートレイト撮影を楽しむことができます。タムロンの担当者いわく「85mmが特に描写力に優れているので、ぜひポートレイトに使って欲しい」とのこと。


    参考出品SP 35mm F/1.4 Di USD
    (Model F045)

    参考出品された35mmは「最高の一枚を撮るためのレンズを、写真を愛する人へとどけること」をコンセプトに生まれたSPシリーズ。今年で40周年を迎えるタムロンの最高技術を結集し開発されたレンズということなので、良い写りに間違いないと期待大です。CP+会場ではレンズを使った作例として大判のプリントが展示されていました。ポートレイトから風景、スナップなど様々なシーンで活躍が期待できます。
     

  • タムロンが主催する写真コンテストの作品も展示

  • 参考出品されていた17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)

  •  
    参考出品17-28mm F/2.8 Di III RXD
    (Model A046)

    参考出品された3本目17-28mm F/2.8は、昨年発売されたフルサイズミラーレス一眼(ソニーEマウント)用ズームレンズ28-75mm F/2.8に続く2本目のフルサイズミラーレス専用レンズ。広角側17mmを確保しながらフィルター径67φを実現しているのがポイント。軽量でコンパクトなボディはフルサイズミラーレス一眼との相性もよく幅広い撮影に対応できます。




    カメラファンとしてイベントで嬉しいのがタッチ&トライコーナー。レンズってなかなか手にとって試すことができないですよね。大型カメラ販売店に行けば、実機を試せるところもありますが、店内の環境や被写体がいない状態だと、やっぱりわかりづらい。そんな悩みを解消してくれるのがタッチ&トライコーナー。
    今回のCP+でも各社ブースの中で力を入れているポイントに見えました。タムロンブースでは、ただモデルさんを撮影させるのではなくしっかりと世界感を創っていたのが印象的です。

    モデルさんを撮れるのはもちろんですが、モデルではなく小物だけを撮影しても楽しめる作りになっていた為、タムロンレンズの良さを存分に楽しめました。

    • 世界感を創ってブース創りしているので、自由にフレーミングが楽しめます。

    • タッチ&トライができるコーナーでは、近接撮影が試せるようにテーブルにオシャレな小物が置いてありました

    • 望遠コーナーからもモデルさんを撮影できるブースレイアウト。

  • 恒例のレンズクリーニングコーナー。熟練のスタッフの技が光ります。

  • タムロンのファンならご存知のとおり、今年もレンズクリーニングサービスが行われていました。熟練したレンズ清掃技術を持ったスタッフが、素早く的確にレンズをクリーニングしていく姿は見ていて気持ちよかったです。こうしたユーザーに寄り添うスタイルもタムロンの良さですね。