特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 【CP+2019】カメラ(ボディ)篇
    レフからレスへ。新時代を見せつける展示群

  • photo

  • photo

  • 2019年CP+の企業ブースや製品で
    気になったものをピックアップ!
    今回はカメラ(ボディ)をご紹介します。
     
    Panasonic
    3月の下旬にいよいよ発売となる
    同社初のフルサイズミラーレスカメラ
    S1R/S1のタッチ&トライが大盛況。
    プロをコアターゲットにしている機種だけに
    ダウンサイジングはそこまで重視されていない
    ミラーレス機にしては珍しいコンセプト。
    実機を触られた方はどのように感じただろうか。

    OLYMPUS
    先日発売されたばかりのOM-D M1X。
    プロ用フラッグシップモデルの性能をアピール
    する体験コーナーが多数展開されていた。
    最大7.5段分の手ブレ補正体験コーナー、
    インテリジェント被写体認識AF体験コーナー、
    ライブND体験コーナーなど。
    実機を会場内から持ち出して体験できる
    催しも開催されてM1Xで実際にスナップできた。
    マイクロフォーサーズシステムも極まれば
    フルサイズ機をも凌駕する実力を持っている。

  • Canon
    CP+の直前に発表のあったEOS Rの弟分
    EOS RPの実機が触れるとあって
    盛り上がっていたCanonブース。
    2620万画素フルサイズセンサーで485グラム!
    EOS Rよりも一回りコンパクトなサイズで
    20万円を切る価格設定のフルサイズ
    ミラーレス機とあって
    タッチ&トライコーナーには長蛇の列。
    人気と注目度の高さが顕著に現れていた。

    富士フイルム
    実機を触れることはなかったが
    目玉はなんといっても1億画素の
    ミラーレス中判デジタルカメラ
    GFX 100 MEGAPIXLESだろう。
    昨年のフォトキナで開発発表されたものだが
    参考出品されていた。存在感がすごい。
    中判デジタルカメラ初の
    裏面照射型のCMOSセンサー、
    ほぼ全面をカバーする位相差AFエリア、
    ボディ内手ブレ補正機構を採用している。
    一般ユーザーには遠い存在の
    カメラかもしれないが、このカメラで撮った
    ポートレイト作品はぜひ見てみたいものだ。

  • RICOH
    こちらも先日市場投入されたGR III。
    直前のCP+での注目度は展示商品トップクラス
    といっても過言ではなかっただろう。
    ユーザーの中にもメインにサブにと
    使っている人も多い大人気機種の最新モデルだ。
    従来モデルから高機能化、小型化と
    正統なアップデートでさらなる最強機となった。
    当然タッチ&トライコーナーには人、人、人。
    2424万画素、APS-Cセンサー、手ブレ補正の
    ついた同機は高級コンデジのキングとして
    市場の覇権を取ることは間違いないだろう。
     
     
    カメラ(ボディ)の注目機を挙げていったが
    その中にかつて中心にあったレフ機はない。
    これも時代の流れ、進化なのだ。
    レフ機は既にノスタルジーの中に
    あるのかもしれないが、
    また新たな規格の中で
    我々は写真と向き合っていけばいい。