特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 【CP+2019】カメラレンズ他篇
    ボディメーカー、サードパーティーそれぞれの対応力

  • photo

  • photo

  • 2019年CP+の企業ブースや製品で
    気になったものをピックアップ!
    今回はレンズ他をご紹介します。
     
    SONY
    フルサイズミラーレス機で市場を独走する
    同社からは、サプライズはなかったものの
    がっちり周りを固めるように抜かりない展示。
    「リアルタイム瞳AF」を実装したα7R IIIの
    Ver.3.0ベータ版を体験できた。
    ポートレイトカメラマンは、高解像と
    大きく美しいぼけ描写を実現した
    大口径望遠単焦点レンズ
    「FE 135mm F1.8 GM」
    が気になるところだろう。
     
    Nikon
    昨年満を持して登場したZ7、Z6用の
    ファームウェアで付加される「瞳AF」が
    いち早く体験できるコーナーが大人気。
    そしてZマウントレンズを充実させる。
    4月発売予定のNIKKOR Z 14-30mm f/4 S、
    NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S、
    参考出品のNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct
    などがユーザーの注目を集めた。

  • SIGMA
    まず残念なことにFoveonセンサーを使った
    フルサイズミラーレス機が2019年発売予定から
    2020年に発売延期と発表された。
    そのかわりLマウントレンズ群は充実の展示だ。
    その数11本!ぐんとラインナップが増えて
    トータル78本とはすごい。それに加え
    SAマウントとキヤノンEFマウントをLマウントに
    変換するアダプター「MC-21」も展示。
    いよいよ発売されるLマウント採用の
    PanasonicのS1R/S1を視野に入れている
    ユーザーにとってはレンズの選択肢が多いのは
    とてもありがたいだろう。
     
    ケンコー・トキナー
    新開発のオートバウンス機能付きストロボ
    AIフラッシュ「AB600-R」が目玉として登場。
    簡単なボタン操作で天井、左右の壁の
    3方向から最適なバウンス位置をAIが決定。
    カメラを動かしても勝手にストロボ角度を
    調整してくれるすぐれものストロボ。
    ヘッド部分が自動でグルグル動くさまは
    一瞬目を疑ってしまうほど。
    先行でNikon用が5月24日発売予定で
    Canon用、SONY用が順次発売される。
    その他、定評のあるトキナーレンズや
    勢いのあるレンズメーカーSAMYANGの
    レンズが試せるコーナーなども人で溢れていた。

  • ボディメーカーであるSONYとNikonは
    ファームアップでさらなる機能の充実を図り、
    サードパーティーメーカーは純正にはない
    恐るべきスピード感で新レンズを開発、
    またマウントアダプター等で対応力を見せつける。
    シェア争いの激化するミラーレス市場を
    生き抜くための開発競争でどこが笑うのか。
    ワクワクしながら見守りたいと思う。