ニュース NEWS

  • 記事検索

  • 時代 立木義浩 写真展 1959-2019
    2019年5月23日〜6月9日上野の森美術館

  • 立木義浩写真展制作実行委員会は、
    上野の森美術館(所在地:東京都台東区)にて、
    「時代 − 立木義浩 写真展 1959-2019 −」
    (主催:立木義浩写真展制作実行委員会、
    上野の森美術館)を2019年5月23日より開催。

    時代を彩った銀幕女優や
    スターたちのポートレートから、
    世界各地のスナップまで数百点を展示。

    ▶写真展概要
    1958年、21歳で写真の仕事をはじめた立木義浩は、1965年『カメラ毎日』の巻頭56ページにわたって掲載された『舌出し天使』で、一躍世間の注目を集めた。センセーショナルなほどに、立木義浩の名は一気に広まった。以来、夏目雅子や大原麗子、勝新太郎、本木雅弘などの俳優やタレント、小説家、政治家などの著名人と、どこにでもいる市井の人々を、数えきれないほど撮影してきた。立木義浩のポートレート写真は、広告・出版・雑誌・映像など媒体を網羅して拡散した。
    そういう時代だった。そして、もうひとつ。「抽斗にしまってある大切なもの……」彼が、そんなふうに表現するジャンルがある。ポートレートとともに、立木義浩を語るうえで欠かせない大切なこと——。それが、スナップである。日本の町や村、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、さまざまな国と地域で、そこにある日常と、光と影を切りとってきた。「写真は、基本は失敗、いささかの成功があるのみ」そうつぶやきつつ、写真への熱情は、いまなお衰えることはない。

  • 写真展『時代』は、1Fに著名人たちのポートレート、2Fにスナップ、というふたつの世界で構成される。これは、立木義浩60年の集大成ではない。ただの、通過点だ。
     
    立木義浩(たつき よしひろ)



    1937年/徳島県・徳島市の写真館に生まれる。
    1958年/東京写真短期大学(現・東京工芸大学)技術科卒業。その後、広告制作会社アドセンター設立時にカメラマンとして参加。
    1969年/フリーランスとなり、女性写真の分野で多くの作品を発表する一方、広告・雑誌・出版など幅広い分野で活動し、現在に至る。
     
    1965年に日本写真批評家協会新人賞、1997年に日本写真協会賞年度賞、2010年に日本写真協会賞作家賞、2014年に文化庁長官表彰など受賞。
    主な著書は「GIRL」「私生活/加賀まりこ」/71年、「MY AMERICA」/80年、「家族の肖像」/90年、「東寺」/98年、「KOBE・ひと」/01年、「ありふれた景色」/07年、「小女」「Tokyoto」「Yoshihiro Tatsuki 1~8」/12年、「etude」/13年、「動機なき写真」/16年、など他多数
  • ○開催日程:2019年5月23日(木)~6月9日(日)
    ○開館時間:10:00~17:00
     *金曜日は20:00まで開館 *入場はそれぞれ閉館30分前まで
    ○休館日:会期中無休
    ○開催会場:上野の森美術館(住所:東京都台東区上野公園1-2)
    ○交通案内:JR上野公園口より徒歩3分、京成電鉄上野駅より徒歩5分、
          東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅より徒歩5分
    ○入場料:一般1200円(1000円)、大学・高校生800円、中学生以下無料
     *( )は、前売券/団体価格(20名以上)
    ○後 援:読売新聞社
    ○協 力:キヤノン株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社
     
     
    【TEXT KAWANO KIMIHIRO】

  • タグ