特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • sessions

    ソニーEマウントレンズをニコンZシリーズで使用できる電子アダプター。オートフォーカスもストレスなく動く。

  • 【CP+2019】焦点工房篇
    注目のアダプター&レンズがズラリ

  • photo

  • photo

    ニコンZマウントになんとZEISS Batisシリーズのレンズが装着可能。

  • CP+で注目のアイテムをリリースする
    メーカーをピックアップ!
    今回、紹介するのは焦点工房。

    焦点工房はオリジナルブランド「SHOTEN」、「TECHART」、「Fringer」などのマウントアダプターをはじめ、中国の光学メーカー「中一光学」、「七工匠 7artisans」など、数多くのブランドのアイテムを取り扱っているメーカー。

    CP+で注目を集めていたマウントアダプターなど新製品を中心に大紹介します。
     
     
    TECHART TZE-01
    価格 2万5000円(税別)
    2019年6月発売予定

    ニコンZシリーズのカメラにソニーEマウントレンズが装着できるようになる電子アダプター。電子制御でオートフォーカス撮影が可能となる優れものです。ブースには試作品があり、実際にオートフォーカスが体感できました。カールツァイスが唯一出しているオートフォーカスレンズZEISS Batisシリーズ(ソニーEマウント用)もニコンで使えるようになる夢のアイテムです。

  • 3月20日に発売した七工匠ブランドのライカMマウントレンズ28mm F1.4 を発売前に展示。

  • 60mmマクロにエクステンションチューブを装着すれば超マクロ撮影も可能。

  • 七工匠 7ARTISANS
    28mm F1.4 ASPH for Leica M mount
    価格 7万8000円(税別)
    2019年3月20日発売

    広角28mmで開放F1.4を実現したライカMマウントの明るいレンズ。特殊低分散ガラス2枚、高屈折低分散ガラス3枚を使用することで、周辺まで高い解像度を表現可能。レンズ構成は9群11枚。
     
     
    七工匠 7ARTISANS
    60mm F2.8 Macro
    価格 2万5000円(税別)
    2019年5月発売予定

    接写から等倍撮影まで可能な60mmマクロ。APS-Cサイズのミラーレスカメラ用専用設計。昆虫や小動物の撮影で活躍が期待できる。マウントはキヤノンEF-M、ソニーE(APS-C)、フジフイルムX、マイクロフォーサーズ。写真は別売りのエクステンションチューブを装着。
     
     
    中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 III
    価格 9万8000円(税別)
    2019年4月発売予定

    ミラーレス フルサイズカメラ専用として設計された超大口径標準レンズ。ソニーEマウント用のSPEEDMASTER 50mm F0.95 M67(バージョン2)から光学性能を見直し画質が向上。ニコンZマウント、キヤノンRFマウントに対応。

  • 中一光学ブランドからはニコンよりも早く50mm F0.95が登場予定。