特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 【CP+2019】 新興メーカー篇
    今、中国ブランドが熱い!

  • photo

  • photo

    ニコンZマウントにキヤノンEFレンズが装着できるオートフォーカスアダプターを発表。

  • CP+2019で、勢いを感じさせる
    新興メーカーのアイテムをピックアップ。
    今回は中国のレンズメーカーを中心に紹介。
     
     
    KIPON
    https://www.tokyotrading.jp/
    数多くのマウントアダプターをリリースする
    KIPONブランドでは、ニコンZマウントに
    キヤノンEFレンズが装着できるマウントアダプターを発表。開発中のアダプターが展示され、オートフォーカスが動作するように電子回路を搭載しているのが印象的でした。キヤノンEFレンズがニコンZマウントで動く世界初のアイテムです。

  • 広角レンズ8mm F3は4月発売予定。

  • 年内に発売予定の21mm F1.8 も展示。

  • KAMLAN
    http://www.sightron.co.jp/
    1月25日にAPS-C用レンズ3本を投入し、日本市場に登場した台湾のレンズメーカー「KAMLAN」。
    CP+では、今後発売予定の3本のレンズを展示。

    8mm F3.0 (4月ごろ発売予定)
    (APS-C用ソニーE、キヤノンM、フジX)
    21mm F1.8 (年内発売予定)
    (APS-C用ソニーE、キヤノンM、フジX、
    マイクロフォーサーズ)
    50mm F1.1 Ⅱ (5月ごろ発売予定)
    (APS-C用ソニーE、キヤノンM、フジX、
    マイクロフォーサーズ)

    特に注目は5月発売予定の50mm F1.1 Ⅱ。既存の50mm F1.1は大口径でありながら軽量コンパクトを実現したモデル。今回発表された50mmは同スペックながら、サイズが一回り大きくすることで画質が向上が図られています。

  • 50mm F1.1 レンズが早くもバージョンアップ。左の既存品と比べるとかなり大型化しているのがわかる。

  • レンズの先端にLEDを搭載し、防水機能を搭載したLAOWAのマクロレンズ。

  • LAOWA
    http://www.sightron.co.jp/
    マクロレンズと超広角レンズを数多くリリースするLAOWAで個性的なレンズを発見。

    24mm F14 2×MACRO PROBE
    (キヤノンEF、ニコンF、ソニーFE、
    ペンタックスK)
    オープン価格(20万前後)

    ライフル銃のような筐体に釘付けです。
    世界初の防水機能付きのマクロレンズで、レンズの先端にはLEDライトを装備。
    写真のように水の中に入れても大丈夫です。

  • リーズナブルな価格のマニュアルレンズをはじめ
    メーカーの垣根を越えるマウントアダプター、
    超個性的なマクロレンズなど日本のメーカーにはない
    自由な発想と開発スピードの早さに驚かされます。
    今後も中国発のアイテムから目が離せないですね。 
     
    【TEXT SATO TAKESHI】