特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 乃木坂46の岩本蓮加が表紙を飾る
    「PASHA STYLE Vol.4」は6月13日発売!

  • 巻頭グラビアで、新たな魅力の岩本蓮加に出会える!!

    ポートレイト専門誌「PASHA STYLE」の表紙は、モデルの魅力をより一層引き出す、フォトグラファー、スタイリスト、ヘアメイクの合作として、毎号、意表を突く個性的な表現とそのクオリティの高さで、ちょっとした評判になっている。6月13日に発売されるPASHA STYLE Vol.4の表紙は要注目だ。 モデルにいま最も勢いのあるアイドルグループ・乃木坂46の岩本蓮加を起用している。

    岩本蓮加は2016年、乃木坂46の3期生オーディションに合格。グループ最年少(当時)として、その天真爛漫な魅力を発揮してきた。中でも冠番組「乃木坂工事中」でのデート企画で放たれたひと言「じゃーん!」は破壊力抜群で、ネットでも大いに話題になった。

  • 今回の撮影、カメラは渡辺伸次、スタイリングは岩神玲(ANAGRAM)、ヘアメイクはKiyoが担当。スタジオはPASHA STYLEの撮影会でもお馴染みのスタジオ・リュミエール(東京都足立区の別館)にて。まずは乃木坂46の制服から撮影スタート。テレビなどで見慣れているいつもの制服姿だが、背景との違和感が不思議な雰囲気を醸し出している。このある種の違和感が、どのような作品として仕上がってくるのかは、ぜひ誌面で確認していただきたい。

    続いてはセーラー服に衣装チェンジ。青空の広がる屋上で、さわやかな青春カットが撮影された。撮影当日の日差しは思いのほか強く、日焼けを気にしながらの撮影だったが、マネジャーが差し出す日傘から飛び出す勢いで元気いっぱいだった。

    「今回のお話をいただいたとき、普通のグラビアとはちょっと違うと教えてもらったので、実は『PASHA STYLE』を買って事前に見ていたんです。クールな写真が多いなって思って、それを今日は意識しています」

    最近は雑誌のグラビア撮影の現場も増えてきているというが「こういうタイプの撮影は初めてですね」とのことだが、いつも笑顔で、撮影を楽しんでいる様子が伝わってくる。

    次の衣装は純白のドレス。白い紗幕で覆われたベッドや、カーテン越しにこちらへまなざしを向けるといった、少しだけ大人っぽいシチュエーションである。撮影の合間にはスタッフと楽しく会話をして、よく笑っている印象だが、いざレンズを向けるとすぐに表情が引き締まる。

    「グラビア撮影とは違う種類の表現力が必要だなって思ったんです。私はポジション的に妹キャラのことが多いんですが、今回はとてもクールなイメージで、今までと違うことができて嬉しいですね」

    昨年には4期生も入って、乃木坂46最年少、という立場から少し成長した。実際、時折見せる表情には、ドキッとするような大人っぽさを感じさせる瞬間がある。表紙はもちろんのこと16ページにわたる巻頭グラビアで、今までにない岩本蓮加の新たな魅力をぜひ確認してほしい!

  • タグ