特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 女優 photo session file
    浅見姫香 × Photographer 星野耕作

  • 今回の女優 photo session fileは
    浅見姫香 × Photographer 星野耕作

    PASHA STYLEが今回Photographerに指名したのは、星野耕作さん。
    https://pasha.style/member/users/1375
    女優として活躍する浅見さんとの作品撮りを、星野さんはどのようにセッティングし、臨んだかを聞いてみた。

    星野「今回このお話をいただいて、ある程度やりたいシチュエーションがあるということだったので、それに合わせてスタイリストの谷川夢佳さんとヘアメイクの石河恵さんに声をかけました。ふたりともイメージに合わせて用意をしてくれるので安心して一緒に作品撮りが出来ます。
    実際に浅見さんを撮影してみて、やはり女優さんなだけあって魅せるのが上手だなと感じました。写真に撮られることには慣れていないとご本人はおっしゃっていましたが、最初こそ緊張が感じられたものの、後半にはシャッターを聞いて動いてくれたり。何より透明感のある肌なので、衣装の黒も淡い色も、すごく映える素敵な方でした。」

  •  
     
     
     
     
    そして今回のもうひとりの主役、今期フジテレビ系月9ドラマ「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」に出演している女優 浅見姫香さんにも、今回の作品撮りの印象を伺った。

    ー今回の月9ドラマ「ラジエーションハウス」どんなお話でしょうか?
    ドラマは放射線科、診療放射線技師、放射線科医のお話で、レントゲン写真から病気を見つけ出すというストーリーです。
    ラジエーションハウスのメンバーはキャストが多く、皆さんどの方も優しいです。いつも一緒のメンバーでの撮影で、本読みから含めると4ヶ月弱一緒に過ごしています。
    皆さん仲良しですが、私は他の方より演技の時間が短いので、先輩方の良い雰囲気の中に入れていただいている感じです。

    ーどんな役柄ですか?
    私の役柄の南里美は看護師です。25歳くらいの設定と監督から聞きました。新人ではない役どころですし医療系のお芝居なので、患者さんのケア、一連の動作を現職の看護師さんに現場で教わっています。

    ーこのお仕事を始めたきっかけを教えてください。
    小学校3年生の時にスカウトされて、「アイドルや女優さんになる人が集まる場所」と両親に言われて、レッスンがあるなら受けてみたいと思い事務所に所属しました。両親はその時点ではあまり賛成はしていなかったですけど(笑)。
    オーディションは事務所に入った頃からたくさん受けていて、一緒の時期に入った子とか周りの子が受かっていく中「私落ちてるなー」と。「次落ちたらやめようか」と両親に言われて受けたCMのオーディションに受かりました。ダメだったら続けてなかったかもしれないです。

    ーでは、チャンスを掴んだ感じですね!今回のようにモデルというところでのお仕事はあまりないですか?
    そうですね(笑)。
    写真に写る仕事は、ドラマのビジュアルやテレビ誌取材などがほとんどなので、昨日はポージングとか「星野さんはナチュラル系?」と考えながら色々写真を見ていました。
    衣装の写真を事前に頂いていたので、黒い衣装は落ち着いているイメージかななどと考えていました。

  • ー浅見さんはオフの日は何をして過ごしていますか?
    家にいるのも出かけるのも好きです。
    先日も夕方くらいに友人と「今から京都行けるかな?」という話から、熱海へ行って、ホテルの温泉に入って、熱海のお刺身を食べるわけでもなく翌朝にみかんを買って、新幹線の中で食べて、横浜中華街に戻って飲茶を食べて帰りました(笑)。

    ー間違いなくアクティブですね(笑)。

    ー今までやった役柄で思い入れの強い役柄はなんでしょう?
    そうですね、「めめめのくらげ」という作品がありまして、それが初めて撮影に挑んだ映画作品でした。グリーンバックでのアクションシーン、クレーンワークなどがあったので印象に残っています。怪獣に掴まれるシーンなどで合成がこんな感じに仕上がるんだ、と不思議な感覚でした。

    ー面白いですね。今回のドラマ「ラジエーションハウス」で特に仲が良かったり尊敬している方はいらっしゃいますか?
    特に浅野和之さんと地元のお話、プライベートのお話、仕事のお話などたくさんさせていただいて、仲良くしていただきました。おすすめしてもらった地元の中華屋さんに母と一緒に行ったりとかもしました。
    浅野さんは舞台を多くやっていらっしゃったので、そういったお話なども伺って勉強になりました。そう!浅野さんが現場で見せてくださったスローモーションがとてもすごくて尊敬します!スローモーションだったり早送りみたいな動きなど、舞台をやっていらっしゃったからこそなのかなと、本当に尊敬します。動画じゃないと伝わらないのが悔しいです(笑)。

    ーこの先挑戦したいものってそうすると、舞台でのお芝居ですか?
    そうですね、舞台に挑戦してみたいです。発声の方法からきっと違うので、勉強になることが多いと思うのでやってみたいです。