特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • PASHA STYLE認定作品展 vol.1 閉幕
    プラットホームメディアの果実

  • photo

  • photo

  • 2012年の渋谷ヒカリエの開業を皮切りに
    大きくその様相を変貌し続ける渋谷。
    その地で「ポートレイトの聖地」と言われ
    多くの写真展が催される
    渋谷ギャラリー・ルデコにおいて
    2019年6月29日、30日の2日間
    「PASHA STYLE認定作品展vol.1」が開催。
    そして閉幕した。
    梅雨空のすっきりとしない天候にもかかわらず
    約500人の来場者に作品を見ていただけた。
    ポートレイトに携わる全てのクリエーターの
    プラットホームメディアを標榜して
    立ち上がったPASHA STYLEの一つの果実を示す
    写真展となったのではないだろうか。

  • 今回の写真展には
    PASHA STYLE認定クリエーター30名。
    公募から選ばれたクリエーター12名の
    全42名146点の作品が展示された。
    1作品で勝負するもの。組写真で勝負するもの。
    カラー、モノクロ、創作、スナップ、
    それぞれが目指すポートレイトの高みは違えど、
    その熱量には驚きを隠し得ない。

    両日に渡って会場内では
    PASHA STYLE編集長、大森氏、
    日本広告写真家協会 副会長、高井氏、
    プロフォトグラファーで
    PASHA STYLEポートレイトナビゲーターの
    渡辺氏、Kay氏がレビュアーとして在廊し
    展示作品についての様々な意見の交換、
    アドバイス等が活発に行われた。
    参加クリエーターは、さらに作品の
    クオリティーをあげるためのヒントや、
    次の作品制作へのモチベーションを
    得られる機会となっただろう。

  • レビュアーを務めていただいた大森和幸氏(左上)、高井哲朗氏(右上)、渡辺伸次氏(左下)、Kay氏(右下)

  • 参加作品すべてを対象に
    ポートレイトクリエーター、
    プロフォトグラファー、メーカー、
    メディアと多くの人々の注視の中
    PASHA STYLE認定作品展アワード、
    ZEISS賞、セコニック賞のほか、
    媒体の垣根を越えて
    フォトテクニックデジタル賞、
    PHaT PHOTO賞などが用意され、
    審査員の得票でそれぞれ表彰された。
     
    審査員紹介(敬称略)



    プロフォトグラファー、APA副会長/高井哲朗
    プロフォトグラファー、ポートレイトナビゲーター/石本一人旅
    プロフォトグラファー、ポートレイトナビゲーター/Kay
    プロフォトグラファー、ポートレイトナビゲーター/小林由右子
    プロフォトグラファー、ポートレイトナビゲーター/硯谷昭広
    プロフォトグラファー、ポートレイトナビゲーター/渡辺伸次
    フォトテクニックデジタル編集長/藤井貴城
    PHaT PHOTO編集長/安藤菜穂子
    カールツァイス株式会社
    株式会社セコニック
    プロ機材ドットコム

     
    こうしてクリエーターとクリエーター、
    クリエーターとメディア、
    クリエーターとメーカーが
    PASHA STYLEというハブを通して
    繋がり、融合し、拡散していけばいい。
    変わりゆく渋谷という街と同じか
    それ以上のスピードで写真にまつわる
    様々な事柄が変わって来た今だからこそ
    PASHA STYLEはポートレイトクリエーターの
    プラットホームとなるメディアとして
    存在し続けたいと思っている。
    また次の機会、認定作品展が開催される時は
    新たなクリエーター、進化した作品で、
    ギャラリーが埋め尽くされることを願っている。