特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • sessions

  • LUMIX新製品発表会レポート
    プロ向けSシリーズに第3のカメラ登場!

  • photo

  • photo

    アプライアンス社 スマートライフネットワーク事業部 イメージングビジネスユニット 統括 津村敏行氏。

  • 2019年8月29日に有明で行われた
    パナソニックのLUMIX新製品発表会に伺った。
    思えば今年の3月にプロフェッショナル向け
    フラッグシップミラーレス機
    S1/S1Rが発売されて半年とたっていない中、
    パナソニックはこのタイミングで
    何を仕掛けてくるのか興味深い。

    パナソニック株式会社 アプライアンス社
    スマートライフネットワーク事業部
    イメージングビジネスユニット統括
    津村敏行氏のプレゼンテーションで
    発表されたのは第3のフルサイズミラーレス機
    「LUMIX S1H」。(9月25日発売)と
    Lマウントシステム用交換レンズ
    「LUMIX S PRO 24-70mm F2.8」だった。

  • この第3のSシリーズ「S1H」のポジショニングは
    “シネマクオリティの
    動画プロフェッショナルモデル”
    動画機能を大幅にパワーアップさせた
    ミラーレス一眼カメラだ。
     
    「世界中の映像クリエーターの表現の幅を広げる、シネマカメラの新カテゴリーとして開発しました。この小さなボディの中に当社がプロユースシネマカメラで培った“動画性能”と、ミラーレスカメラで磨き上げた“機能性と機動性”を融合させました。シネマクオリティの動画性能をミラーレス一眼のボディに収めることで、手持ち撮影、ジンバルでの撮影、ドローンでの空撮、水中撮影など。従来のシネマカメラでは難しかった撮影を容易に実現できます。もちろんスチールカメラとしてもプロフェッショナル向けのパフォーマンスを持っています。」(津村氏)

    シネマカメラと比べると安価な価格設定で
    予算の少ない現場にも導入しやすいだろう。

  • S1Hによる動画撮影のデモンストレーション。

  • 新レンズを装着したS1H(右)動画仕様となり赤いRECボタンが追加され、放熱ファンも追加された。

  • 大まかな動画性能については以下の通り
    ●24.2M フルサイズCMOSセンサーを新開発
    高解像度と高感度を両立
    さらにデュアルネイティブISOを搭載
    ●V-Log撮影機能を標準搭載
    シネマクオリティのダイナミックレンジと
    色再現を実現
    ●35mmフルサイズ6K/24p、5.9K/30p記録
     10bit Cinema4K/60p動画に世界初対応
    ●アナモフィック撮影に対応
    ●スロー/クイック表現が可能なVFR対応
     
     
    そして同じく新製品として発表されたのは
    4K/6K動画撮影にも対応した
    S PROシリーズのズームレンズ
    「LUMIX S PRO 24-70mm F2.8」。
    ズーム全域F2.8の卓越した描写性能と
    動画撮影との親和性で要注目だ。
    2020年までのLマウントレンズの
    ロードマップも示され年内にもう2本、
    来年にはさらに5本のレンズが予定されている。