特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • sessions

  • 大森和幸 写真展 「 L 」〜elle〜
    アシスタントから見た、もうひとつの「 L 」

  • 個展の作品は全てLUMIX S1Rで撮影された。

  • 大森和幸(ooxo)

    デザイン専門学校を卒業後、就職し印刷作業員や製版オペレーターとして勤務。その後、20代半ばからは雑誌編集員としてカー雑誌を中心に制作。
    同時にフォトグラファーとしてプライベートでの創作活動を始め、グループ展への参加や企画で作品を発表。「ooxo(オオォ)さん」の愛称で知られる。

  • グループ展への出展回数も多く、クリエーターやモデルからの作品に対する信頼度の高いオオォさん。その10数年のポートレイト歴の中で作ってきた作品は、今ではネットに出ていないものまで含めると、恐らく本人も把握しきれていない程にのぼる。

    数多くの作品制作の場で培ってきた現場力の高さは、他のフォトグラファーも一目置くものであり、その現場風景を見てみたい、作品に触れてみたいと考えるフォトグラファーが現場に見学に来たりすることもある。
    グループ展に観覧に行けば呼び止められ、レビューを受けたいという声に足を止め、その場のレビュー会が始まることもしばしば。展示を最後まで見る時間が無くなるほどだ。
     
    彼の元には、とにかく人が集まる。
    キャラクター性か、人間性か、その制作過程を知りたいからなのか。年に1度「ooxo祭り」と題し、写真を壁に貼り、オオォさんと来場した皆とで写真を観ながらの交流会が行われているが、そこにも毎回総数で200名近くがその日だけのために全国から集う。
     
     
    「繋がること」
     
    これが彼の写真の原点だと、この3年間アシスタントとして行動を共にして感じた。
    写真を介し、誰かと、何かと、繋がっていく。
その繋がりの集結がPASHA STYLEになり、今回の個展の開催にもなった。


     
    「L」〜elle〜
     
    Lumiere’kグループのオフィシャルフォトグラファーとして作品撮りをさせてもらってきた繋がり。そして、Lumix(Panasonic)と繋がり、elle(彼女)たちと繋がり、成り立った個展。
     
     
    
「 L 」は「繋がる(Link)」のLでもあるのだろうか。
     
     
     
     

    【TEXT BY ユコ】


  • 大森和幸 写真展
    「 L 」〜elle〜

    会期:2019年11月1日(金)〜 11月13日(水)※月曜休館
       11:00 〜 19:00

    場所:LUMIX GINZA TOKYO
       東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビル 1・2F

    交通:東京メトロ「銀座駅」より徒歩3分
       JR「有楽町駅」より徒歩5分
     
     
     
    【個展作品credits】

    Photographer:大森和幸(ooxo)

    studio:Lumiere’k group(jardin’k・ANTHOLOGY)
    camera:LUMIX S1R

    assistant:ユコ

    model:Alexandra
    model:Bibi
    model:多屋来夢(スターダストプロモーション)

    dress(for Alexandra&多屋来夢チュールドレス):SARMATA
    dress(for Bibi):アリスガワアリス

    HMA(for Alexandra):kiyo
    HMA assistant(for Alexandra):Mie(afinita)

    HMA(for Bibi):ユミウノ
    HMA assistant(for Bibi):Umetsu

    HMA(for 多屋来夢):Kazuya Imamura

  • タグ