ニュース NEWS

  • 記事検索

  • sessions

  • Photoshopが遂にiPadに対応
    パソコンより持ち運びやすいタブレットに期待

  • チュートリアルもあるので困ったらすぐに確認できる

  • 世界最大のクリエィティブの祭典「Adobe MAX 2019」がロサンゼルスで開催された。世界62カ国以上から1万5000人を超えるクリエイターたちが集結。

    昨年の「Adobe MAX2018」で電撃発表された『Adobe Photoshop iPad版』がついに2019年11月4日から正式にダウンロードを開始。画像の合成と修正ワークフローというコアな機能がiPadで可能となる。
    PSDデータとの完全互換性を持ち、タッチ操作のユーザインターフェイス、クラウドドキュメントへのアクセス、そして実際の、多数のレイヤーを持った作品の創作のためのパワーを装備している。タブレット向けに特化して開発されたPhotoshop iPad 版は、新しいユーザーにとって直感的でよりとっつきやすいPhotoshopへのエントリーツールであるばかりでなく、 プロフェッショナルなクリエイターにとっても優れたツールになることは間違いない。
    日本でも2019年12月3日にパシフィコ横浜で「Adobe MAX Japan 2019」が開催される予定。

  • Photoshopの機能がiPad向けに再設計され、どこへでも持ち運べるようになった。指で画像を合成し、Apple Pencilでレタッチもできる。
    レイヤーはすべてそのままになり、解像度も同じになる。
    最初のリリースでは主に合成機能とワークフローに対応。今後も続々と機能が追加される。

    パソコンと同等のフル機能を利用することはできないが、今後のアップデートで機能が追加される予定だ。
    ユーザーの要望にどこまで対応できるかが楽しみだ。

  • Photoshop iPad版の対応デバイスとOSは以下の通り。

    iPad Pro
    iPad Pro(12.9インチ)および第2世代
    iPad Pro(10.5インチ)
    iPad Pro(9.7インチ)
    iPad第5世代
    iPad Mini 4
    iPad Air 2

    Apple Pencil(第1、2世代)
    iPadOS 13.1

    価格は月額1080円。
    Adobeのフォトプランを2020年1月31日までに購入するとPhotoshop iPad版も使用できるようになる。


    【TEXT BY 祐一郎】

  • タグ