ニュース NEWS

  • 記事検索

  • 黒白フィルム新製品「ネオパン100 ACROSII」
    35mmサイズと ブローニーサイズを発売

  • 富士フイルムは、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII(アクロスII)」の国内発売を2019年11月22日から開始する。発売されるのは35mmサイズ(36枚撮り)とブローニーサイズ(12枚撮り) の2種類で、価格はオープン。市場想定価格は、いずれも税込1,000円程度となる見込み。なお海外での発売については検討中となっている。

    富士フイルムは、黒白フィルムの需要の減少や原材料の入手困難などを理由に、黒白フィルムの販売を2018年秋に終了した。しかし販売継続を望む声に応える形で、入手困難になった原材料の代替品の研究や新たな原材料に合わせた製造プロセスの抜本的な見直しを行い、黒白フィルム「アクロスII」を開発し、販売することとなった。
    「ネオパン100 ACROSII」は、「Super Fine-Σ粒子技術」をはじめとする独自のテクノロジーにより、感度ISO100の黒白フィルムとして世界最高水準の粒状性と立体的な階調再現、優れたシャープネスを実現する。光をとらえて像を形成するハロゲン化銀の構造を精密に制御して高感度化することや、サイズの異なる感光粒子を効率的にフィルムの受光層内に配置して、高いシャープネスを実現することにより、被写体の輪郭を強調しながら、質感の細部に至るまできめ細やかな描写を可能にするフィルムになっている。風景・山岳写真、ポートレート、製品写真、建築写真から、長露光撮影の天体・夜景写真など、幅広い分野の撮影ニーズに応じるフィルムだ。「アクロスII」の魅力を体験できるイベントや写真展の開催も計画されているということだ。