特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • sessions

  • 【雑誌連動企画】X(cross)shooting
    池谷友秀×COSINA〜レンズレビュー

  • photo

  • photo

  • PASHA STYLE BOOKとwebの連動企画
    X(cross)shooting。
    池谷友秀 × COSINA編、
    第2回は今回の撮影に使用した
    SONY Eマウント用レンズ
    Voigtländer NOKTON 21mm F1.4 Aspherical
    Voigtländer NOKTON 50mm F1.2 Aspherical
    の感想を池谷氏に伺った。

    池谷氏の「WAVE」シリーズは
    波に揉まれるモデルの一瞬を切り取る
    ポートレイト作品だが、
    常に動き続ける被写体を単焦点の
    マニュアルフォーカスレンズでいかに捉えたのか、
    そしてどういう印象を抱いたのか。

  • 左/21mm、右/50mm。ボディとのサイズ感がいい。

  • F1.4の大口径超広角レンズ
    Voigtländer
    NOKTON 21mm F1.4 Aspherical


    僕の作品「WAVE」シリーズは、
    波打ち際で撮影する作品だから
    常にモデルも自分も波に煽られてしまって
    止まろうにも止まれないという特殊な撮影。
    その偶然の一瞬を切り取ることが
    目的でもあるんだけどね。
    だからいつもはオートフォーカスの
    ズームレンズを使います。
    この作品で単焦点マニュアルレンズを使うのは
    僕にとってもすごいチャレンジでした。
    NOKTON 21mmは超広角なのに
    F1.4とすごく明るいレンズだから、
    開放でもがんばって撮ってみたけど
    被写界深度が浅いので、カメラ、モデルの両方が
    止まっていられない今回の撮影では
    うまく活かせなかったのが残念。
    また別の機会があればトライしてみたいです。
    スタイリングは総金属の美しい仕上げで
    高級感があるよね。その分重いのだけど、
    コンパクトなSONY α7シリーズにつけると
    とてもしっくりくるバランスだなと。
    撮影のしやすさを感じました。
  • F14、1/200での撮影。流れる水の迫力がすごい。

  • F1.2(開放)での撮影。薄っすらと曇っていた天候もあって、独特のボケと空気感だ。

  • 撮影のメインはF8〜F14あたりを使っていて
    押し寄せてくる波の周辺まで
    しっかりとシャープに解像してくれます。
    飛び散る飛沫も美しく描写されて
    素晴らしいと思いました。(池谷)
     
     
    開放から使えるF1.2レンズ
    Voigtländer
    NOKTON 50mm F1.2 Aspherical


    なんといっても開放F1.2から安心して使える
    大口径好きにはたまらないレンズだね。
    明るいレンズによくある
    開放にするとレンズのキャラクターが
    変わってしまうようなこともない。
    それを楽しむのも勿論ありだと思うけどね。
    ピント面はシャープに。そこから
    F1.2のボケがブワッと溶けていく様は
    データをみるとゾクゾクする美しさ。
    21mmもだけどSONY Eマウント用に作られた
    レンズだからα7シリーズの機能、
    手ブレ補正やフォーカスリングでのファインダーの
    拡大縮小にも対応しているのがうれしいね。
    (池谷)