特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 左からBatis 2/40CF Batis2/25 Loxia2/35 Loxia2.4/25

  • ZEISSレンズレビューvol.2 Batis&Loxia
    Batis 2/40CFとLoxia2/35で創作ポートレイト

  • 手に収まるサイズ感

    • 作例1 Batis 2/40 CF f2開放

    • 作例2 Batis 2/40 CF f2開放

    • 作例3 Batis 2/40 CF f2開放

  • ZEISSレンズレビューvol.2 Batis&Loxia として、
    今回はBatis 2/40CF とLoxia 2/35をレビューしていく。
    ZEISSレンズレビューvol.1はこちら
    https://pasha.style/article/775)
     
     
    ◆Batis 2/40CF
    このレンズの開発コンセプトは「万能」。高速で静かなオートフォーカス、小型軽量で高画質、防塵防滴、24cmまで寄れる近接撮影が可能とまさに万能なレンズとなっている。
     
    まずは作例1を見ていこう。黄色い照明の下でも肌や色の再現もとても気持ちよく、ピント部分のシャープな人物描写が素晴らしい。開放値f2のおかげで、明るさを稼ぎつつ背景が形を保ちながら適度にボケてくれている。中でもシャンデリアの立体感は素晴らしい。40mmという初めて使う画角に最初は心配だったが、これは背景を少し入れたポートレイトには最適な画角だ。光源に向かった撮影でも嫌なゴーストやフレアはでない。さすがZEISSのT*マルチコーティングだ。

    この作例1~3は、PASHA STYLEの撮影会で撮ったものだが(https://pasha.style/events/71 )「小型軽量、高速オートフォーカス」のおかげで撮影テンポもかなり良く、限られた撮影時間にもかなりの枚数の撮影ができた。

    次に作例2を見ていこう。こちらもf2の開放値で撮影した。こちらは編集で彩度を少し落としてある。歪曲や収差などはなく、明暗のトーンがとても綺麗に出ているのがわかる。人物や髪の立体感などはシャキッと描写しつつ、背景は主張しすぎないようにぼかせるというこのバランスが最高だ。画面右のピント面のフレームの質感やトーンも素晴らしい。

    作例3も同じく開放f2での撮影だが、全身が綺麗に収められるこの使いやすさに改めて感動した。40mmでf2開放のバランスは、「ぼかせるけど思ったより浅すぎない」被写界深度で、ピント面はシャープに解像し、そして人物全体を適度に捉えつつ、背景は適度にぼかす。このバランスは本当によくできていて、使えば使うほどZEISSレンズの完成度の高さに気づかされる。

  • 作例4 Loxia2/35 ss1/160 f11 iso100

  • 作例5 150%表示 

  • ◆Loxia 2/35
    このレンズは小型で軽量、防塵防滴、歪みなし、ZEISSの高い解像感を活かすマニュアルフォーカスレンズとなっている。マニュアルリングの使い心地は非常に良く、手に持ってみると驚くほどコンパクト。
     
    早速、作例4を見ていこう。今回はf11と絞って撮影し、マニュアルレンズの「より一層際立つ解像感」をチェックしてみた。
    この衣装は全て黒に統一されているが、同じ黒でも「ドレス」「帽子」「手袋」のそれぞれが違う材質であることが伝わり、それぞれが非常にシャープに描写されている。
     
    150%表示した作例5を見ていこう。これは本当に素晴らしいの一言だ。腕の部分の肌感と線の細いレースやアクセサリーのディティール、髪の毛の一本一本までしっかりと捉えている。さらに画面右下の手袋のハイライト、シャドウ部の材質までくっきりだ。この解像感を一度は経験して頂きたい。
     
    次に35mmを活かすポートレイトとして俯瞰撮影も行なった。作例6を見て欲しい。こちらの作例6は黒布の上に寝そべったモデルさんを、カメラマンは立った状態から撮影している。35mmという画角が、ドレスの布の広がりをうまく強調し、布の重なりやシャドウ部までくっきり描写されている。本当にドレスの隅々までシャープに描写してくれるが、材質としての光沢感や質感はしっかり保てているのが本当に素晴らしい。35mmという画角は特に脚立を使う必要もなく、身長170cmの私ならカメラを持った両手を上げ、立ちの状態でモニターを見ながら撮影ができる。このようなシーンでは小型軽量は本当にありがたい。

    • 作例6Loxia2/35 ss1/160 f11 iso100

    • 狭いスペースでも撮れる35mm

  • ◆まとめ

    Batis 2/40CF
    こちらは本当に誰にでも、どこにでもお勧めできる万能レンズだ。ZEISSのレンズをオートフォーカスでお手軽に使える最高のレンズの一つだ。解像感、ボケ味、オートフォーカス、全てがハイレベルで万能なレンズとなっている。

    Distagon 8群9枚
    絞り範囲 f2~f22
    最短撮影距離 0.24m
    絞り羽根枚数9枚
    フィルター径 67mm
    全長(キャップ含む)106mm
    重量361g
     
     

    Loxia 2/35
    こちらは小型軽量のお手軽さがありつつ、描写力の高い高性能レンズだ。マニュアルでしっかりピントを合わせ、1枚1枚丁寧に撮る環境ならこれほど心強いレンズはないだろう。高画素機をお持ちの方に強くお勧めしたい1本。

    Distagon 6群9枚
    絞り範囲 f2~f22
    最短撮影距離 0.3m
    絞り羽根枚数10枚
    フィルター径 52mm
    全長(キャップ含む)66mm
    重量340g