特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 【その3】編集長新機種ゲット!?
    α1専用本革ボディスーツを作る

 

とうとう出来上がったみたいだ!


私のα1専用 本革ボディスーツ!!!!!!


とりあえず現物が届く前に鳥井工房様から完成の画像がきましたので皆様にもお披露目する♪


私が今回お願いしたエバレディケースとグリップエクステンションのセット。

カラーは、プエブロ/グリージオをベースにチョコカラーの革を差し色に使ってもらった。

グリップエクステンションも差し色に合わせてチョコカラーで統一。


いや~~~! どうですか?

本物をまだ見ていませんが、すでにテンションは上がりまくり。

めちゃくちゃかっこ良くない!?


鳥井工房様の説明によると、今回ケースに使用しているプエブロは日頃のお手入れの必要は無し。

汚れた場合は、水で少し湿らせた布を使い優しく拭いて汚れを取り除くだけ。

装着したまま、USBが使えるのはもちろん、メモリーカードの交換が可能など今までのエバレディケースをさらに進化させてくれた仕様!


セットでお願いしたグリップエクステンションは、その格好良さだけでなくグリップエクステンションを少し緩めて(1回転から1回転半ほど)から回転するようにずらすと完全に外さなくても簡単にバッテリー交換ができる優れもの。

ケースのバッテリー蓋を外してからグリップエクステンションは装着するのだが、そのケースの蓋はマグネットで脱着するこれまたオシャレなタイプ。皆さんにも一度触って見て欲しい!


鳥井工房様のケースは、ベジタブルタンニン鞣しの素材をメインに使用することで、傷は付きやすいが使えば使うほど魅力のあるエイジングをするのが革愛好家には堪らない。革製品の醍醐味をぜひ体験して欲しい。


 



  

 

  

 


持ち込みで作ってもらったこのα1ケースでは、エバレディケースでは初めて導入するというギミックも使われている。

従来のα7IIIケースは、バッテリーの交換とUSB接続は可能だったが、ケースを装着したままカードの取り出しは出来無い仕様。

カード取り出し部を開けるとグリップの半分より後ろが大きく開き、グリップ周りが前部分だけ覆うというケースとしては見た目が悪くなるというのが主な理由だとか。


そこで、今回はカードの取り出しを可能にしつつグリップ周りをしっかりカバーするため、グリップパーツを後ろまで延長し、ホックで部分的に開くことでカードの取り出しが可能になった。


  

 

 

【エクステンショングリップ】 

 


 


  

 

 

なんと! 今回のα1ケースは今後レギュラー商品化する予定だとか。(α1ユーザーは、僕に感謝してっwウソw)

この記事が出る頃には、鳥井工房様のブログやホームページで販売が開始されているはず。


商品が届くまでもう待ちきれない!!!!! 早く来いっ


 

(編集長) 

 

 その1はこちら

 その2はこちら