特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • 1日でインスタグラムでバズっちゃうような作品の作り方を教えます。

  • 今すぐ素敵な作品が作れるようになる
    プロが使っているテクニックを教えます

  • 講師はストロボを巧みに操るKay氏。

    • コマンダーはニッシンのAir10sを使います。

    • まずは基本の1灯ライティングを極めます。

    • アクセサリーはシンプルにスタンドとソフトボックスだけ。

  • 2月24日にPASHASTYLEのポートレイトナビゲーターのKay氏を講師に迎えて、撮影からPCでのフィニッシュを教える「撮影とセットで始めるカンタンレタッチ講座」を行います。講座はそれぞれのレベルに合わせて楽しめるように、初級(1部)、中級(2部)、上級(3部)の3部構成です。今回は初級(1部)のプログラムを紹介します。

    【初級(1部)で学べる事】
    ①オフカメラライティングに必要な機材
    ②ストロボ1灯でできる超基礎ライティング
    ③モデルさんとのコミュニケーション術
    ④フォトショップの基礎
    ⑤SNS栄えする仕上げ

    これからオフカメラを始めたいと考えている方にもとても役立つ内容です。自分のカメラにどの機材が必要なのかなどを教えます。
     
     
    【セミナーのスケジュール】
    ライティングの説明&撮影(90分)※
    フォトショップの使い方(60分)
    自分の写真をレタッチ&質疑応答(30分)

    ※2部、3部のセミナーよりも撮影時間が長く設定してあります。

    今回のセミナーでは、ニッシンジャパン様にご協力してもらいストロボ機材を用意しています。まだストロボ機材を持ってないという方もホットシューつきのカメラ※があれば、セミナーに参加できます。
    ※ホットシューにX接点(キヤノンEOS Kiss X10など)がないものは対応できない可能性があります。気になる方は申し込み時に編集部まで、ご連絡をお願いします。
     
     

  • 仕上げはPhotoshopとLightroomで行います。

  • セミナーモデルは身体で魅せる壱婁さん。

  • セミナーの前半のライティングではオーソドックスなライティングの「レンブラントライト」「フェルメールライト」とはどういうものかを体験していきます。

    実際の撮影ではスタンドとソフトボックスを使って撮影行います。「ストロボは苦手」という方もソフトボックスが使えるようになれば、ストロボが好きになるはず。あの有名フォトグラファーもソフトボックスを愛用しています。実はソフトボックスを使えばカンタンに素敵な写真が撮れるようになります。オフカメラ初心者の方には是非使って欲しいアクセサリーです。
     
     
    セミナーの後半では撮影した写真の仕上げ方を教えます。デジタル時代の写真はただ撮るだけではダメです。仕上げまでシッカリとおこなって完成です。よく「写真を加工するなんてありえない!」という方もいますが、できることをやらないで「完成です」とするのはもったいない。
    もちろん撮影時に完璧な状態で撮れたらレタッチなしで完成でもいいのですが、なかなか撮影現場で完璧に仕上げるのは難しい。

    そこで今回はフォトショップの使い方の初歩の初歩を教えます。基本的なパレットやパラメーターの紹介から行います。「Photoshopを使ったことない」という方も安心して参加できます。
     
     
    写真セミナーで気になる存在と言えばセミナーモデル。身体で魅せる壱婁(いちる)さんが撮影できます。気になる方はSNSをチェックです。

    Twitter  https://twitter.com/ichiru_t
    Instagram https://www.instagram.com/ichiru_t
     
    同日にセミナーモデルの壱婁を撮影できる個人撮影会も開催中
    申し込みはコチラ(https://pasha.style/events/119

    • 5分でできる簡単レタッチテクニックを紹介します。写真上が撮影データ、写真下が完成データ。

  • 撮影とセットで始めるカンタンレタッチ講座

    開催日:2020年2月24日(月)
    1部 10:30~13:30
    2部 14:00~17:00
    3部 18:00~21:00
    場所:むすべや日本橋(東京都中央区日本橋小舟町7番10号)
    交通:「人形町駅」から徒歩5分、「三越前駅」から徒歩6分、「新日本橋駅」から徒歩7分
    参加費:1部 1万円、2部 1万5000円 3部 1万5000円
    ※最小催行人数:4名
    セミナーモデル:壱婁(いちる)
     
    持ち物:カメラ(ホットシュー付き)※レンズは標準レンズをご用意ください。
    パソコン(事前にPhotoshopとLightroomをインストールお願いします)
    ※最小催行人数に達しない場合は中止になる場合があります
     
     
    【TEXT SATO TAKESHI】

  • タグ