特集記事 REPORT

  • 記事検索

  • sessions

    5月某日の季節はずれの寒い日に水着で撮影を頑張ってくれたモデルのLili

  • 【雑誌連動企画】X(cross)shooting
    mikako watanabe × Voigtlanderメイキング

  • photo

    Voigtlanderの3本のレンズが用意されました

  • photo

    普段使わないレンジのレンズとカメラでも、しっかりと自分のテイストに

  •  PASHA STYLEのコラボ企画「X(cross)shooting」で、ポートレイトナビゲーターmikako watanabe とVoigtlanderが競演。
     使用したレンズはポートレイトに最適な「65mm F2」、なめらかなボケ味を楽しめる40mmで世界初の大口径を実現した「40mm F1.2」、そしてVoigtlanderからの挑戦状の「12mm F5.6」の3本。

  • Image4

    ヘアメイクを担当してくれたのはみきこさん

  • Image5

    衣装合わせはmikakoさん自らやります

  •  mikakoさんにお話を伺ったところ「作品のコンセプトイメージは海外映画『ロリータ』。編集部から撮影の話を頂いてから撮影まで時間が短かったのですが、映画やイメージに合った写真などを見て、どう仕上げるか考えました。前々日に借りる予定の赤の水着が借りられなくなるトラブルとかもありましたが、なんとか前日にイメージに合う赤の水着を用意できました」とのこと。
     
     撮影は水着はそのままでの2パターン。『ロリータ』のイメージで撮影。ひとつはダウンスタイルでベールをつけてちょっと大人ぽさを強調したものと、もうひとつは三つ編みをして少女ぽさを強調したもの。
     
     実際にどんな風に仕上がっているかはPASHA STYLE Vol.2をご覧いただけると嬉しいです。

  • Image6

    撮影した画像をモデルさんに見せながらしっかりとコミュニケーション

  • Image7

    ソニーEマウントのセンサーに最適化されたレンズ3本で作品撮り

  •  今回使用したカメラはVoigtlanderのレンズにあわせて、PASHA STYLE編集部で用意したソニーのα7RⅡ。ちなみにmikakoさんは普段はキヤノンを使用しています。不慣れなカメラでもしっかりと自分のテイストが出せるとは、まさに弘法筆を選ばすです。
     
     カメラを使った感想を伺うと「普段はマニュアルフォーカスレンズだとピントを合わせるのが難しいのですが、今回ミラーレス一眼では拡大表示でピントが見れるのでマニュアルには最適でした」とのこと。